無料学習相談ue210219 無料学習相談ue201126

新学年のスタートダッシュを決めるための「良い目標」の立て方(1)

新学年のスタートダッシュを決めるための「良い目標」の立て方(1)

こんにちは。
モチベーションアカデミア代表の柿木です。

新型コロナウイルス感染症はいまだ先の見通せない状態が続いており、
皆さまにとっても不安な日々が続いていることと思います。

当塾でも、スタッフの感染予防対策を徹底し、
安心してご通学いただけるよう、万全を期しております。

皆さまやお子様におかれましても、どうぞお体にお気をつけいただいて、
毎日をお元気に過ごされますことをお祈りしております。


さて、新型コロナウイルスの一件で休校措置もあり、
いつもより長い休み期間の中、
時間を持て余し、ダラダラと過ごしてしまったお子様も多いのではないでしょうか。

しかし、現在のところ4月からは学校が再開する予定で、新しい学年を迎えます。
新学年になると、これまでの勉強内容よりもさらに難しい内容が待ち受けています。
そんな勉強内容にしっかりとついていき、
学年最初のテストでも問題なく点数をとるためには、
気持ちを切り替えて、勉強の時間を確保した生活に戻れるかが勝負になります。

そこで重要になるのが、
これからの勉強について「どんな目標を立てるか」ということです。

目標が無いままでは何をどう勉強すれば良いかが分からず、
勉強のモチベーションはなかなか上がりにくいものです。

また目標と言っても、何でも好きに目標を立てればいいというわけではありません。
目標には、「良い目標」と「悪い目標」があります。
良い目標を立てれば、やる気も出てそれに向かって頑張る一助になりますが、
悪い目標では逆効果になってしまいます。

そこでメルマガでは、今回の配信から4回に分けて、
良い目標設定のポイント、その名も「SMART」の観点について、
メルマガ会員の皆さま限定で、ご紹介していきたいと思います。

ーーーーーーーーーー

良い目標設定のポイントである「SMART」の観点とは、
目標を立てる時に意識すべき5つの観点の頭文字をとったものです。
「良い目標は「スマートな目標」である!」というと、覚えやすいでしょうか。

 (1)Specific(具体的な目標か?)
 (2)Measurable(測定可能な目標か?)
 (3)Achievable(適度な達成可能性のある目標か?)
 (4)Reasonable(合理的な目標か?)
 (5)Time-bound(期限やスケジュールのある目標か?)

今回の配信では上の2つ、
Specific(具体的な目標か?)とMeasurable(測定可能な目標か?)に絞って、
具体的なポイントをご紹介したいと思います。

ーーーーーーーーーー

例えばお子様が、学年最初のテストに向けて
「英語の勉強を頑張って、良い点を取る!」という目標を立てたとしましょう。
英語がどうも苦手で、これまでのテストでも良い点を取ることができないでいた。
だから今回のテストでは英語で良い点を取りたい...

しかし、この目標は2つの点で問題を抱えてしまっています。
1つ目は、「良い点を取る」の「良い」の基準が曖昧である点です。
具体的にどのくらいの点数が取れれば、「良い」点数だと言えるのか。
お子様は60点でいいと思っているかもしれないけれど、
親御さんとしては80点ぐらい取ってほしい...そんなズレがあることもしばしばです。

2つ目は、「英語の勉強を頑張る」の「頑張る」の基準もまた曖昧である点です。
思い描く点数を取るために、具体的に何をどれだけ頑張るのか。
この点こそ1点目以上に、お子様と親御さんの間で基準のズレが見られるところではないでしょうか。
お子様は勉強を頑張っているつもりでも、親御さんや周囲の人から見れば身が入っていないように見える...そんなケースも多くみられます。

ですから、目標を立てる時には、
頑張っている「つもり」や頑張れた「つもり」で終わらずに、
他人から見ても客観的に頑張りを評価できるような、
具体的(Specific)で測定可能(Measurable)な目標にすることが重要なのです。

「次のテストでは英語で良い点数を取る」ではなく、
「次のテストでは英語で80点以上を目指す」

「80点以上を取るために、英語の勉強を頑張る」ではなく、
「80点以上を取るために、英語の指定問題集を全問自力で解けるようにする」

このように、目標を立てる時は、
・具体的であるか
・測定可能なものであるか
この2点に気を付けることが重要になります。


さて、しかしながら、目標が具体的で測定可能なものであったとしても、
その他の点で不十分な目標であれば、「悪い目標」になってしまいます。

次回配信では、「SMART」な目標も3つ目のポイント、
Achievable(適度な達成可能性のある目標か?)についてご紹介したいと思います。

それではまた、次回の配信でお会いしましょう。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:

モチベーションアカデミアは、その名の通り「やる気を引きだす独自の技術」をもって授業をする塾です。

「対話型授業」を通して勉強への抵抗感を和らげ、前向きに学習に取り組む環境を整えます。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
生徒1人1人異なる「オーダーメイドカリキュラム」で成績向上を図ります。

無料学習相談ue210219 無料学習相談ue201126
大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る