やる気が上がる学び方が身につくモチベーションアカデミアとは

モチアカは「勉強の仕方」と「学習習慣」が学べる塾です

モチベーションアカデミアロゴ

モチベーションアカデミア(モチアカ)は、普段の成績向上や受験に合格するために必要な知識・解答力だけでなく、そもそも勉強に取り組むために必要な「学習習慣」を獲得するために自立力・主体性・やる気までを指導範囲としています。また、効率的に学習効果を得られるような具体的な「勉強の仕方」も同時に指導範囲とすることで、勉強することで成績向上を実感できるようになり、更にやる気が上がるといった正しい学習スパイラルを獲得できるようになります。

この2つの力は、学校でしっかり教わる機会がないことも珍しくありません。

結果として普段の成績が効率的に向上し、また志望する大学の受験に合格できるようになるだけでなく、2つの力は社会に出た後でも求められることから、その後の人生で「社会で活躍できる」ための基礎となる力が身につきます。

~学習習慣の獲得~
自分から勉強に取り組む姿勢が身につく

入塾後は、毎週行われる担任面談「個別カウンセリング&コーチング(C&C)」を通じて、自分から勉強に取り組めるように導いていきます。具体的には、お子様の「やる気タイプ」に基づいて目標・課題を設定し、進み具合の確認などの学習サポートをしていきます。
~効率的な勉強法~
具体的な勉強法がわかる

C&Cでは同時に生徒の抱える悩み、目標に寄り添いながら、教わったことを「自分で使いこなす」という勉強の仕方を学びます。また、「課題を乗り越える力」や「やる気を維持する力」などを鍛える指導を行うことで、より効果的な学習ができるようサポートを行います。
~成績向上~
「なぜ?」を問う勉強法で基礎知識と応用力が身につく

試験では、パッと見ただけではわからない問題が出題されます。そんな問題に対処するには「暗記」よりも、「なぜそうなるのか」を考えることが重要。授業では、本質を問う訓練をくり返し、基礎知識と応用力を身につけます。
~受験合格~
一人ひとりの志望校合格に必要な知識・力が身につく

志望校によって、試験問題は大きく異なります。モチベーションアカデミアでは、生徒一人ひとりの志望校や入試の種類に合わせてカリキュラムをオーダーメイドで提供。志望校合格に向けて、無理なく最短ルートで対策します。

「社会で活躍する力」が入試で求められる時代

今後の大学入試では知識・技能の習得だけでなく、課題解決力やコミュニケーションスキルなど、「社会で活躍するための力」を問う傾向が高まっていきます。
つまり、高校生までに身につけておくべき能力も変化していくということ。
モチベーションアカデミアは知識・技能だけでなく、社会で活躍するための力の習得までを支援します。

受験で必要な力、社会で必要な力

ここでは「受験や社会で必要とされる力」というのは、どのような力で、どのように伸ばすことができるのかをご紹介します。

1.モチベーション(やる気)について

モチベーション(やる気)とは、「目標に向かってがんばる強い気持ち」です。

「勉強ができるようになりたい!」という場合に、「勉強時間」や「勉強法」にアプローチするだけでは不十分になりがち。一番根本的な要素は、「モチベーション(やる気)」です。やる気をコントロールして、高めることができれば、自然と勉強が進み、成績アップにつながります。

ただ、「モチベーション(やる気)」は、「根性」や「熱血」だけで解決できるものではありません。私たちモチアカは、「モチベーションの専門家」として、心理学などの知見を元に「どうすればやる気が上がるか?」を科学し、指導に活かしています。モチアカには延べ237万人が受検した「モチベーションタイプ診断」があり、お子様のモチベーションの特性を担当講師全員が把握して、やる気を引き出す指導をします。

2.スタンス(姿勢・心構え)について

スタンス(姿勢・心構え)とは、「受験に対する前向きな姿勢」です。

「勉強に対するやる気」はあっても、「低めの目標をクリアすればいいかな?」とか、「テスト前日に詰め込んで高得点取れば大丈夫」など、勉強や受験に対する姿勢や心構え(スタンス)にズレがあると、成績向上は難しくなってしまいます。

モチアカでは、面談や授業で「やる気」を引き出すだけでなく、自ら目標に向かって本気で努力しようとする「心構え」を養っていきます。目指しているのは、「自分の目標に向かって、主体的に努力を続ける中高生」を育むことです。

3.ポータブルスキル(自立力)について

ポータブルスキル(自立力)とは、学習・生活の管理力や課題解決力といった、「自立して勉強するために必要な力」です。

やる気や心構えといった「気持ち」の部分も大切ですが、その上でもう一つ大切なのは「スキル」の面です。勉強を効果的に進めるためには、「どうやって計画を立てると上手くいくか?」や「どうやってやる気を維持するか?」といった「上手く勉強するためのスキル」が重要ですが、学校では「科目の学習内容」は教わっても、「上手な勉強の仕方」までは教わらないことが多いのが実情です。

計画力や課題の分析力といったこれらの力を、モチアカでは「自立して勉強できるようになる」ための力として重視し、面談や授業の中で具体的に指導しています。「ポータブル(どこにでも持ち運べる=活用できる)」なスキルと呼んでいるのは、それらの力が身につくと、勉強や受験で成功できるだけでなく、お子様が将来大学・社会に出てからも活躍できるための基礎になるからです。モチアカでは、そのような「本質的に大切なこと」を学んでもらえるよう、面談や授業を設計しています。

4.テクニカルスキル(各教科の知識・解答力)について

テクニカルスキル(各教科の知識・解答力)とは、「合格する上で必要な知識・解答力」です。

「モチベーション」や「スキル」、「ポータブルスキル」の上に確立したいのが「各教科の知識・解答力」、つまり「学力」です。モチアカは「学力」を身につける面でも、他塾とは一線を画します。モチアカが重視しているのは、「付け焼き刃の詰め込み」ではなく「どんな問題でも活用できる『本質知識』と『思考力』」です。

それらをしっかり身につけられるよう、モチアカの授業は「対話型」で行なわれます。「この問題はなぜこれが正解なのか?」「この問題を解くには、どんな考え方をすればいいか?」。問われ、考え、言葉にする中で、学力もつき、勉強の楽しさも実感できるでしょう。

モチベーションエンジニアリングを教育に導入した学習塾「モチアカ」の魅力とは?

「学び」を根本から問い直し、受験だけでなく、社会で活躍する力を育てるモチベーションエンジニアリングを教育に導入した、日本初、唯一の学習塾「モチアカ」の魅力を紹介します。

LMG

延べ8,740社、237万人以上を支援する社会人教育のノウハウを集約(※)
株式会社リンクアンドモチベーション(東証プライム)が培ってきた社会人教育のノウハウを中高生の勉強に活用した、まったく新しい学習塾です。
※2021年末時点の組織診断データべ―ス量。

志望校合格後の見える世界が違います。

モチベーションアカデミアが見据えるのは、大学受験の先にある社会。
大学合格後も目標を見失わず、抱いた夢に向かって、計画的に、積極的に挑み続けることができます。他の学生のさらに一歩先を見ているので、成長角度が違います。

モチアカが見据えるビジョン