夏期講習

理想の未来を創ること~貧困地域から東大へ行った僕が、子どもの貧困問題に取り組む理由(わけ)~

 開催日: 2020年2月15日(土日) 15:00~17:00(開場:14:45)

理想の未来を創ること~貧困地域から東大へ行った僕が、子どもの貧困問題に取り組む理由(わけ)~
このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント内容

自分の受けている教育が、当たり前だと思っていないかい?

「子供の貧困」と一言で言っても複雑な原因が絡み合っており、子供自身で解決をするのは難しく、それは想像以上に努力しづらい環境である。
日本では全体の7人に1人の子供たち、すなわち約280万人が相対的に貧困状態にある。 出典:厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」

こんな生徒に来て欲しい

  • 教育に興味がある
  • 世の中の格差なんてただの努力不足だ
  • 学校教育に違和感を感じる

講演講師 李炯植りひょんしぎ さん

特定非営利活動法人 Learning for All代表理事
李炯植

1990年、兵庫県生まれ。
東京大学在学中、認定非営利活動法人Teach For Japanの一事業であったLearning for All に参画し、常勤職員として全国の学習支援事業の統括業務に従事。
その後、2014年に特定非営利活動法人Learning for All を設立、同法人代表理事に就任。
これまでにのべ7000人以上の困難を抱えた子どもへの無償の学習支援や居場所支援を行っている。
全国子どもの貧困・教育支援団体協議会幹事。
2018年「Forbes JAPAN 30 under 30」に選出。

講座名
理想の未来を創ること~貧困地域から東大へ行った僕が、子どもの貧困問題に取り組む理由(わけ)~
講演講師
特定非営利活動法人 Learning for All代表理事
李炯植さん
開催日時・期間
2020年2月15日(土日) 15:00~17:00(開場:14:45)
夏期講習