お子様のやる気を上げる!家庭での働きかけのポイント(4)

お子様のやる気を上げる!家庭での働きかけのポイント(4)

こんにちは。
モチベーションアカデミア代表の柿木です。

前回のメルマガでは、
アタックタイプのお子様がどんな傾向を持っていて、
どんな働きかけをすればやる気が上がりやすいのかについてご紹介しました。

今回はその続きです。
「物事への向き合い方」のうちのもう一つ、
「レシーブタイプ」について、詳しくご紹介します。

レシーブタイプの人は、自分で目標に向かって頑張るというよりも、
周囲の人のために頑張りたいと思う傾向があります。


今の自分の努力が、誰かのためになっている、
自分が頑張ることで、誰かが喜んでくれているということが実感できると、
やる気がアップしやすいのです。

それを踏まえると、レシーブタイプのお子様に声をかける時は、
アタックタイプのお子様に対してのように、
「すごい!」「頑張って!」と声かけするよりも、
「勉強頑張ってくれてお母さん嬉しい!」、「一生懸命努力してくれて、ありがとうね」のように嬉しさや喜び、感謝の気持ちを伝えると、やる気が上がりやすい傾向にあります。

また、レシーブタイプの人は、
周囲との関係性を大切にしようとする人が多く、良好な関係でいることを重視します。

一人で活動するのは苦手で、友達などみんなと一緒にいると安心するタイプなので、
ご家族もいるリビングで勉強したり、学習塾の自習室で勉強するなど、
「誰かと一緒に勉強する」環境を作ってあげると効果的です。

とはいえ、周囲の人との関係性を重視すると言っても、
アタックタイプの人とは異なり「競争したい」という欲求があるわけではないので、
「〇〇さんに負けないように!」など、競争心を引き出す働きかけは、
あまり効果がないので注意です。

さらに、自分の力で目標を達成しようとするアタックタイプの人よりも、
自分を応援してくれる人や、見守ってくれる人の存在が大きいことが特徴です。

保護者様や学校・塾の先生など、
お子様の学習を見守り、寄り添って応援してくれる存在をつくってあげると、
「その人のために頑張りたい!」という思いから、やる気が上がりやすいのです。

「これだけ頑張ったなら、〇〇先生も喜んでくれそうだね!」
といった声かけも効果的でしょう。

加えて、レシーブタイプのお子様だと、アタックタイプのお子様に比べて、
自分が内心思っていることを積極的に言わない、控えめなお子様も多いので、
「私は味方だよ、一緒に頑張ろう!」という姿勢で、寄り添ってあげるスタンスが
良いと思います。


以上、レシーブタイプのお子様への働きかけのポイントをまとめると、
 ・お子様の行動や成果に対して、嬉しさや喜び、感謝の気持ちを伝える
 ・「誰かと一緒に勉強する」環境を作ってあげる
 ・「私は味方だよ、一緒に頑張ろう!」など、寄り添う姿勢で働きかける
となります。

これまで見てきたように、
アタックタイプとレシーブタイプでは、
お子様にどのように働きかけるべきなのかが大きく異なります。

お子様がどちらのタイプに近いのかを見極めて、
それに合った働きかけを行うことが大切です。


さて、やる気タイプのうち、「物事への向き合い方」の詳しいご紹介は以上になります。
次回のメルマガでは、「物事の判断の仕方」のうち、
「シンキングタイプ」についてご紹介したいと思います。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:

モチベーションアカデミアは、その名の通り「やる気を引きだす独自の技術」をもって授業をする塾です。

「対話型授業」を通して勉強への抵抗感を和らげ、前向きに学習に取り組む環境を整えます。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
生徒1人1人異なる「オーダーメイドカリキュラム」で成績向上を図ります。

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る