入塾金全額オフ2101 無料学習相談ue201126

スマホやゲームの時間を減らすためにはどうしたらいい?

スマホやゲームの時間を減らすためにはどうしたらいい?

こんにちは。
モチベーションアカデミア副代表の横山です。


一時期、香川県で「ゲーム条例」が施行されたことが話題にもなりましたが、
「依存症」とまではいかなくとも、
お子様のゲーム習慣・スマホ習慣が気になっている保護者さまは
多いのではないでしょうか。

新型コロナの影響で家にいる時間が多くなり、
以前よりもさらに、子どもたちのゲームで遊ぶ時間が増えている
という調査結果もあるようです。

お子様にとってスマホはもはや欠かせないものになっており、
ゲームもまた、お子様のリフレッシュの機会にもなっているでしょう。
しかし、そればかりに熱中してしまうと良くない。

そこで今回のメルマガでは、
「お子様のスマホ・ゲーム習慣を健全なものにするための働きかけ術」
について、ご紹介したいと思います。

スマホやゲームの時間について、
「何分まで」などのルールを設けているご家庭もあるかと思いますが、
そこには一つ注意すべき点があります。


これはスマホやゲームに限った話ではありませんが、
家庭内での「ルール」を決める時に一番のポイントは「お子様とよく話し合うこと」です。
ルールを決める前に、しっかりとこの時間をとることが、
効果があって、かつ反発もされにくいルール作りの大前提になります。


お子様と話し合う際に気をつけることは、大きく3つ。

1つは、まずはお子様の思いを引き出して、耳を傾けることです。
こちらから一方的に「こうしなきゃだめでしょ!」と押し付けるのでは、
お子様は「自分の意見は聞いてくれない」と閉ざしてしまうことがあります。

まずはお子様が思っていることを聞く姿勢を示して、
話し合いの土台をつくることが先決です。


2つ目は、現状を一緒に再確認することです。
スマホやゲームに時間を使い過ぎてしまっているお子様の中には、
そもそも自分が一日の中で「何にどれだけ時間を使っているのか」を
把握することができていない方も多くいらっしゃいます。

一週間のスマホ・ゲーム時間を合計してみたら、お子様本人もビックリ!
ということも珍しくはありません。

今はスマホやゲームの時間に時間を使ってしまっているけど、
そこから時間を浮かせられたらどんなことができるのか。

現状を一緒に再確認し、振り返ることで、
お子様の中で「なぜ現状を変えた方がいいのか」について納得できると、
習慣を改める原動力になります。

そして3つ目は、ルールはお子様自身に宣言してもらうことです。
ルールが決まったら、それを成し遂げることをお子様自身に宣言してもらうことで、
ルール達成へのお子様のモチベーションを上げることができます。

「言われたこと」ではなく「自分が宣言したこと」だからこそ、
達成しなきゃという気持ちを喚起することができるのです。

---------------------------------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか。

もちろん、ルール作りを話し合って行う上では、お子様との関係性がカギとなります。
反抗期を迎えているお子様などは、難しいところもあるでしょう。

そのような場合は、学校の先生や学習塾などにご相談いただくことも良いでしょう。

お困りのことがございましたら、私どもがお手伝いいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。


それでは次回のメルマガでお会いしましょう。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、その名の通り「やる気を引きだす独自の技術」をもって授業をする塾です。

「対話型授業」を通して勉強への抵抗感を和らげ、前向きに学習に取り組む環境を整えます。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
生徒1人1人異なる「オーダーメイドカリキュラム」で成績向上を図ります。

入塾金全額オフ2101 無料学習相談ue201126
大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る