【浪人生】予備校に通っているが、自分のやり方があっているか不安

学習相談

塾生プロフィール

case予備校に通っているが、自分のやり方があっているか不安な浪人生

浪人生。
実家から予備校に通っている。

お問い合わせ時の状況

現在大手予備校に通い、授業も真面目に受けているが、学力がついている実感に乏しく、このままで合格できるのか不安を感じている。

学習カウンセリングから見えた課題

  • 授業前後の予復習スタイルを確立できていないため、学びの蓄積がなされていない
  • 科目ごとの得手不得手を問わず同じ量・質で学習をしているため、全体の成績が上がらない
    (=うまくいっている科目とうまくいっていない科目が共存している)
  • 不安が募り、授業以外の学習時間も少しずつ減っている

タイプ診断

モチベーションタイプ
Attack-Thinking
ポータブルスキル
【強み】
変革力・忍耐力・否定力
【弱み】
機動力・規律力・統率力

提案内容・提案プログラム

受験校の決定と、そこから逆算した、今後の模試に向けた戦略立案を一緒にする必要がある。それを前提にして、Dailyの計画と習慣に落とし込んでいく必要がある。
また、手が止まると改善のアクションまでが遅いタイプなので、質問をしやすいモチアカで自習する時間も一定確保する必要がある。

  • 週次面談
  • 学習サポート

入塾後初月

初月のウィークリースケジュール

予備校の授業が夕方以降ない月曜日・木曜日はモチアカに来て自習をする。
火曜日・水曜日・金曜日に関しては予備校で自習する。
土曜日・日曜日は10時から空いているモチアカで勉強する。

入会初月のウィークリースケジュール

初月の振り返り

「やるべきこと」に関しては分かったイメージで、これまで質問があっても、後回しにして溜まっていったり、自分で調べる中で時間を効率的に使えていなかったが、質問対応によって、スムーズに勉強が進捗するように。
また、「変えられるもの」にエネルギーを使おうという講師の声掛けにより、「過去の失敗を成功に変えるのは今の自分の行動なんだ!」と精神的にも前向きに努力を重ねられるようになった。週勉強時間も35時間程度から60時間と倍増し、現状値を知るために解いた共通模試の過去問でも、前回の点数から1割程度伸びた。

見直し改善提案

質問対応により、改善傾向が見られたとはいえ、まだまだ自習における時間帯効果が薄い。浪人生は自習時間が多く、どうしても自習にダラけが見られてしまう、その為、隔週で連続3時間のモチサポを入れる事で、定期的に自習の質的・量的な基準を高め、引き締める効果を狙う。

  • モチサポ

入塾後次月

入会2か月目のウィークリースケジュール

予備校の授業が夕方以降ない月曜日・木曜日はモチアカに来て自習をする。
火曜日・水曜日・金曜日に関しては予備校で自習する。
土曜日・日曜日は10時から空いているモチアカで勉強する。

※モチサポは隔週の日曜日、10時から実施して、リズム創りに寄与させる

入会2か月目のウィークリースケジュール

2か月目の振り返り

モチサポを隔週に入れる事により「全力でやればここまで進む」の基準が本人の中でかなり上がった。そこからは、その理想的な状態と比較して、自分なりに課題を探り、改善方法を模索し試してみるという「PDCA」を回せるようになったのは大きな進歩であろう。漠然とした不安で終わらせるのではなく、細かく砕いたうえで、どう現状を変えて行けばいいのかを思考できるようになった事で受験成功に向けて大きく前進した。

見直し改善提案

前月と同じ内容を継続。ただし、受験も中だるみしそうな時期なので、再度志望校を考え直す意味でも、まずはキャリアセミナーに参加し、自分が大学に入ってからやりたいことを言語化する。そのうえで、目指している学問領域の先輩と面談を行い、改めて「なんでその大学にいきたいか」を言語化し、アドバイスをもらう機会を設ける。

入塾後2か月での変化・成果

  • 何よりも「このセットを勉強すれば大丈夫」というルーティンが決まり、精神的な安心感を得られた
  • 学習効率が格段に向上し、これまで1週間にこなしていた量の実質的には2倍の学習進捗を生み出せるようになった
  • これまでは「不安・危機感」でしか動けなかったタイプだったが、自分なりに「この大学にいきたい」理由とセットで明確な目標が見つかった事で、今後の勉強へのモチベーションにも良い影響が得られそう
  • 「家の人に感謝を伝えておいで」という声掛けにより、自分が言語化した「目標」と「頑張る宣言」を親御さんに伝達できたことは非常によかった
  • 親御さんも安心され、ポジティブな応援を家族ぐるみで出来るようになり、さらには、宣言したからには頑張らねばと家でも学習に取り組むようになった

モチベーションアカデミアは、知識や解法の提示だけでなく「勉強の仕方」にもこだわる塾です。

「対話型授業」を通して思考力を高め、「本質的な学力」を獲得します。
現状の学力に合わせ、グループ授業・個別授業を使い分けることも可能です。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。 これにより「本質的な学習習慣」を獲得します。

その他の「受講ケース」

  1. 【中学1年生】スポーツに真剣に取り組みながら進学校受験を目指す

    【中学1年生】スポーツに真剣に取り組みながら進学校受験を目指す

  2. 【中学2年生】中高一貫校で勉強についていけなくなった

    【中学2年生】中高一貫校で勉強についていけなくなった

  3. 【中学2年生】学習へのモチベーションがない

    【中学2年生】学習へのモチベーションがない

  4. 【高校2年生】キャプテン経験を活かそうとAO受験検討中も、対策はできていない

    【高校2年生】キャプテン経験を活かそうとAO受験検討中も、対策はできていない

  5. 【高校3年生】頑張ってはいるもののなかなか成果に結びつかない

    【高校3年生】頑張ってはいるもののなかなか成果に結びつかない

  6. 【高校2年生】現実と向き合えず「本気」から逃げる

    【高校2年生】現実と向き合えず「本気」から逃げる

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る