グループディスカッション(GD)講座|モチアカ授業実況中継

「正解」のない課題に仲間との議論で挑み、思考力や協働力を育む

GD講座実況中継

GD講座では、普段学校で勉強する内容とは異なり、様々な社会問題といった、ある一つの正解がすでにあるわけではない課題について、仲間とともに議論を重ねます。
近年、大学入試においてグループディスカッションを課す大学も現れ始めていますが、入試では直接必要のない人であっても、グループディスカッションを経験することには大きな意味があるのです。

Teacher's voice:「高校ではやらない、でも大切なこと」を、塾だからこそ。

正解のない課題に対して、議論の中で答えを探してゆく。
大学のゼミや社会人のミーティングでは日常的に行なっていることです。
でも、高校までの勉強の中ではなかなか経験する機会がない。
だから、高校と大学の間にある、学習の仕方の「段差」につまづいてしまう方が多くいます。
私たちは、大学入試への万全の対策になることはもちろん、「大学・社会に出た後にも引き続き活躍するには、中高生の間にどんな経験が必要なのか」という視点も踏まえて、このGD講座をお届けしています。

Scene:GD講座の少人数対話型授業

GD講座の授業

【議題】「日本の大学生は、海外の大学等に留学すべきかどうか」について、グループディスカッションの中で見解をまとめなさい。制限時間は45分間です。

講師:さあそれでは、この議題についてディスカッションの練習を始めてみましょう。まずは率直に、みんなこの議題についてどんなことを考えたかな。

生徒A:これまで慣れ親しんできた日本の文化だけではなく、異文化に触れることができるから、私は留学してみたいな。

生徒B:たしかに外国の言葉や文化を知ることができるのは、留学の大きなメリットだよね。

生徒C:でも、それだけで「留学すべき」って言えるのかな? 異文化に触れるなら別に留学じゃなくて旅行でもよさそう。

講師:みんないい視点だね! いろんな意見がありそうだ。じゃあここからは、ディスカッションの「型」に沿って議論を実際に進めてみようか。

POINT:上手な議論の仕方を学ぶ

他人と「上手に」議論することは、簡単なことではありません。
それぞれが意見を言い合うだけでまとまらない、途中で議論が脱線してしまう、議論に慣れていない人にとってはあるあるです。
GD講座では、ただ議論経験を積むだけではなく、そもそも議論をうまく進めるにはどんなことに気をつければいいか、その方法論を学んでいきます。

生徒B:えーっと、ディスカッションではまず「議論の目的・役割・時間」の「3つの前提」をすり合わせるんだった......よしっ、すり合ったかな。じゃあこれからどういう流れで議論していこっか。

生徒A:うーん。議論の目的は「留学すべきか」だけど、これって誰の目線からなんだろうね。

生徒C:あぁ、たしかに。本人にとっては留学がプラスになることもあるかもしれないけど、社会的に見たらまた違ってくるかな?

生徒B:たしかに、意見ありがとう! じゃあ留学すべきかについて考える上で、まず「本人に対して留学が与える影響」と「社会に対して留学が与える影響」の2つについて、意見出ししていくってのはどう?

POINT:生徒が自ら主体的に議論を動かす

ディスカッションの練習では、講師は基本的に議論に介入することなく、生徒に進行を任せます。
もちろん講師からアドバイスを挟むこともありますが、生徒主体で実践的な練習を積み重ねます。
この実践的な練習の中で、ディスカッション以外の場面でも活きる思考力・コミュニケーション能力が鍛えられるのです。

生徒A生徒C:賛成!

生徒B:オッケー! じゃあまずは「本人に対して留学が与える影響」について考えていこっか。どうしよう、とりあえず5分間みんなでブレストしてみる?

生徒C:いいと思う! じゃあ時間測っておくね。

~~~~~~(5分経過)

生徒B:よし5分経ったけど、みんな大丈夫そうかな。それじゃあ、とりあえず付箋に書いた意見をみんなでシェアしていこっか。

POINT:これからの入試・社会で求められる「協働力」を、今のうちから

グループディスカッションの中では、チームワークを大切にしつつ他者と「協働」する力が必要になります。
この「協働力」、一部の入試で問われてくることはもちろん、大学、そして社会に出てからは必須のスキルです。
中高生のうちからそれを鍛える経験を積み重ねることで、大学に出てからのお子さまの伸びが断然に違います。

生徒A:みんなが出してくれた意見をまとめるとこんな感じかな。

生徒B:ホワイトボードにまとめてくれてありがとう! じゃあこれらの意見を元に、個人の視点で見た時に「留学すべき」と言えるかどうか、考えてみたいな。

~~~~~~(議論は続く)

 
GD講座の少人数対話型授業
様々なテーマで討論し、協働により問題解決を目指す「GD講座」詳しくはこちら

モチベーションアカデミアは、知識や解法の提示だけでなく「勉強の仕方」にもこだわる塾です。

「対話型授業」を通して思考力を高め、「本質的な学力」を獲得します。
現状の学力に合わせ、グループ授業・個別授業を使い分けることも可能です。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。 これにより「本質的な学習習慣」を獲得します。

「実況中継」一覧

定期テストから難関大学受験までをカバーする「学力授業」

  1. 英語実況中継

    英語
    対話をすることで知識モレ・判断ミスを見逃さず、英文読解の力を着実に磨き上げる

  2. 数学実況中継

    数学
    「解法の丸暗記」ではなく、自ら解答を導き出す思考力を鍛える

  3. 現代文実況中継

    現代文
    「解答に至る思考の流れ」を、対話の中で徹底的に確認する

  4. 世界史実況中継

    世界史
    知識を断片的に覚えるのではなく、「流れ」の中で確認していく

  5. 化学実況中継

    化学
    「暗記」ばかりと思いがちの化学、対話による深掘り・紐付けで「暗記」を「理解」へ!

やる気を引き出し、将来の可能性を最大化する「オリジナルプログラム」

  1. グループディスカッション(GD)講座実況中継

    グループディスカッション(GD)講座
    「正解」のない課題に仲間との議論で挑み、思考力や協働力を育む
    ディスカッション思考力協調性

  2. 論述講座実況中継

    論述講座
    文章表現の基礎を学び、意見交換を通して表現力を身に着ける
    ディスカッション論理的思考力記述表現色

  3. AO対策講座実況中継

    AO対策講座
    「やりたいこと」と「実現のための進路」を明確にして「なぜ大学に行くのか」に答えられるようになるところが出発点
    個別指導志望動機面接

  4. 学力基礎講座

    学力基礎講座
    意外と身についていない「勉強の仕方」をモノにする
    対課題力対自分力

  5. わくわくBASED LEARNING実況中継

    わくわくBASED LEARNING
    自分の「好き」をとことん探究し、一生モノの知的好奇心を育む
    知的好奇心情報収集力プレゼンテーションスキル

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る