入塾キャンペーンのご案内
特典付き無料資料請求top-s

英単語の暗記が苦手で、覚える時間をかけても点数が取れません。効率的な単語の覚え方はありますか?

英単語の暗記が苦手で、覚える時間をかけても点数が取れません。効率的な単語の覚え方はありますか?

高2です。英単語の暗記がすごく苦手です。
自分のなかでも時間をかけてはいるんですが......
学校の小テストでも全然点数が取れません。単語が大事なのはわかっているので、やる気はあるのですがやり方がわかりません。
皆さんはどのように単語を覚えていましたか?アドバイスお願いします。

英単語の暗記、難しいですよね。
何回覚えても忘れてしまう、試験になると思い出せないなんていうことはよくある悩みです。
では、なぜ英単語を覚えるのは難しいのでしょうか。
まずはその背景を見ていきましょう。

1.なぜ英単語の暗記が難しいのか?2つの背景

① 暗記って、一度覚えたら普通の人は忘れない、なんて思っていませんか?

当たり前ですが、人は忘れる生き物です。

もちろん、暗記に得意不得意はありますが、基本的にはみなさん同じように覚えますし、同じように忘れます。
結果だけを見ると自分だけが特に苦手なように思えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
後に述べる勉強のコツさえしっかり掴んでおけば、苦手意識は薄れると思います。

② 英単語って、一問一答のように覚えるもの、なんて思っていませんか?

よくありがちな勉強方法の一つに、英単語と日本語を一対一で(例えばundergraduate 学部在学生)スパルタ式で覚えていくやり方があります。

英単語と日本語の結びつきを考えないで無理に暗記しても、すぐに忘れてしまうのも仕方がありませんよね。
なぜなら、根本的には羅列された数字を覚えるのと変わりません。
英単語も日本語の言葉と同じように成り立ちがあり、関連があり、結びつきがあります。
決して機械的に覚える必要はありません。

それでは、具体的にはどのように勉強したら良いのかを話していきましょう。
勉強方法は人それぞれですが、頭に残りやすいコツがあります。
すでに実践している人もいるかもしれませんが、いくつか紹介します。

2.英単語を記憶に残すコツ2選

(1)10回がむしゃらに書くより、1回自分でテストして見る!

何回もひたすらに書くというやり方は、スペルや意味を覚える上で確かに効果的な部分もあります。
しかし、もう覚えた単語も繰り返し書いてしまったり、何回も書くことに満足して、一番重要なちゃんと覚えたかどうかを蔑ろにしてしまうことがあります。
これが危険な『覚えたつもり』や『何度もやっているのになんで覚えられないの?』といった状態につながってしまいます。
オススメの勉強方法としては

  1. ある程度頭に入るまで単語帳を使って覚え
  2. 一通り軽く覚えたら自分で覚えた範囲をテストし
  3. 間違えたものに絞って再度覚え
  4. 間違えたものだけをもう一度テストする

というやり方です。
この時、「1」や「3」にあまり時間をかけすぎないことがポイントです。
何度も上記のサイクルを繰り返し行うことで、英単語を比較的短時間で、漏れと無駄がなく覚えることができます。
初めの方は自分でテストをするときに、思い出すことで頭をすごく使いますが、その脳の疲労感こそが覚えていってる証拠です。大変ですが頑張りましょう。

(2)単語と自分の持っている情報をリンクさせる!

これは上記①と繋がる話なのですが、一見知らない単語でも、実はある程度その単語に対して持っている知識があることがあります。
パターンとしては、
(A)日本語として知っているカタカナ語が英単語とリンクする場合
(B)すでに知っている英単語の意味が結びついて新しい意味を作る場合などがあります。

(A)の例

Toughという言葉、これをタフと読めさえすれば、タフな人間=頑丈なという訳が出て来やすいですよね。
他にもdigという単語。こちらはディグダというポケモン(知らない人は調べて見てください)を知っていれば、穴を掘るという訳が簡単にイメージできます。

(B)の例

先ほど挙げたundergraduateという言葉がわかりやすいです。
Under(=まだ所属している、進行中である)とgraduate(=卒業)という言葉が結びつき、まだ卒業していない人=学部学生という訳になります。
他にもre(=再び)union(=集まる)でreunion(=再会)、house(=家の)work(=仕事)でhousework(=家事)などがあります。

以上のように、英語は意外と日本文化の中に根付いており、知っているのに気付けていないだけのこともあります。
また、一つの知識を他の単語に当てはめることに慣れてしまえば、どんどん覚える作業が容易になります。
それは英単語という独立したものの暗記から、言葉という様々な事柄に関わりを持つものの暗記に変化するからです。
思い出す時の手がかりをたくさん持っていれば、思い出せない悔しい思いをすることも減ります。
是非、英単語を覚える際は覚え方に工夫を持ってやりましょう。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、知識や解法の提示だけでなく「勉強の仕方」にもこだわる塾です。

「対話型授業」を通して思考力を高め、「本質的な学力」を獲得します。現状の学力に合わせ、グループ授業・個別授業を使い分けることも可能です。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
これにより「本質的な学習習慣」を獲得します。