夏期講習

今年受験ですが、今になって数1Aが全然できません。どうすればいいですか?

今年受験ですが、今になって数1Aが全然できません。どうすればいいですか?

今年から受験生のものです。
最近になって模試を受け始めたのですが数1Aがあまり出来ていません。
時間もない中で基礎からスタートするにはどんなスケジュールで進めればいいでしょうか?
おすすめの参考書などもあれば教えていただきたいです!

数ⅠAは高校1年生の時に、数ⅡBは高校2年生のときに学習することが多いです。
高2になって、周りが勉強し始めただとか、受験が近くなってきたという焦りから慌てて勉強を開始する人が多いこともあって「数ⅡBはできるんだけど数ⅠAは全然授業を真面目に聞いていなかったし、テスト前しか勉強していなかったからよくわからない...」という意見をよく聞きます。
今回はそんな方々をターゲットに、数ⅠAで挽回する方法を伝授します!

1. 模試の結果を振り返ろう

皆さんはもしかしてただ漠然と「数ⅠAが苦手だ...わからない...」と思っていませんか?
ひとえに数ⅠAと言っても二次関数、整数の性質、図形と計量、場合の数と確率など分野は色々ありますよね。
でも実際生徒を見ていると、これらすべてが苦手だ!という受験生は結構少ないのです。
皆さんも、この分野は別にそこまで苦手じゃないなという分野があるはずです。
結局のところ「強い受験生」というのは「苦手がない受験生」ですから、苦手な分野から攻略していくほうが圧倒的に効率が良いし、点数にも繋がってきます。
ですから今一度、今までに受けた模試の結果分析のところを見てみて、自分はこの分野が特に弱いんだなというところをピックアップしましょう。
次の項で紹介する問題集などを活用してその苦手分野から優先的に潰していけばよいのです。

2. 数ⅠAで挽回するためのオススメ問題集

では次に、どんな問題集を使って数ⅠAの苦手を潰していくのが良いのかを見ていきましょう。

数Ⅰ・A 基礎問題精講(旺文社)
精講シリーズの中で最も基礎的な難易度なのがこちらの基礎問題精講。例題のすぐ後に「精講」という、その分野の要点をまとめたものが収録されているので理解がスムーズになります。問題数は約130問と他に比べて少なめで、1周するにしておきちんと取り組めば1ヶ月ほどでできます。ちなみに「基礎」と銘打っている問題集をこの時期にやるのはなんだか...と思わないでくださいね、精講シリーズは基礎でもそれなりの難易度がありますので。
チャート式 基礎からの数学Ⅰ+A(数研出版)
言わずと知れた数学界の網羅的問題集と言えばこちらのチャート式でしょう。青チャートがオススメですが、難易度が高いと感じたら黄チャートでもOKです。各分野がさらに細かく分けられているので、自分の苦手なところをピンポイントで潰すことができます。ちなみに青チャートのさらに上のレベルに赤チャートがありますが、こちらは難しすぎるので手を出さないほうがよいです。

3. 分野別ピンポイントアドバイス

ここでは数ⅠAの分野ごとに、最低限抑えて置いてほしいポイントをご紹介します。
今後の勉強で意識してみてください。

・数と式(数学Ⅰ)

高校数学の最初の分野ですが、ここでは「降べきの順に並べて因数分解」「対称式の利用」は必ず抑えましょう。
特に前者は他の分野でも必要になる知識なので必ず身につけるようにしましょう。

・二次関数(数学Ⅰ)

「頂点の座標」に注意しましょう。
序盤で頂点の座標を求めて後の問題に回答することがほとんどなので、頂点を間違えると壊滅してしまいます。
平行移動した時に二次関数の方程式がどう変化するか、も抑えましょう。

・図形と計量(数学Ⅰ)

余弦定理、正弦定理、加法定理をきちんと使えるようになりましょう。公式の証明も確認しましょう。

・データの分析(数学Ⅰ)

センター試験以外ではほぼ出ないのですが、分散、共分散、標準偏差の定義を理解し、求められるようになっておきましょう。

・場合の数と確率(数学A)

「漏れなく数える」ことを常に意識しましょう。
樹形図を書くのも効果的です。
また、確率の和が1になることも、当たり前ですが試験で焦るとわしれがちなので気を付けましょう。

・整数の性質(数学A)

「1次不定方程式の解き方」「ユークリッドの互除法」は必ず抑えましょう。
このあたりは知らないと全く歯が立たないので、よく復習しておくことです。

・図形の性質(数学A)

若干多いですが、「内分・外分の公式」「三角形の五心」「チェバ・メネラウスの定理」が重要です。
五心については少なくとも重心、外心、内心については定義と性質を説明できるようになっておきましょう。

いかがだったでしょうか。
この記事が皆さんの数ⅠA挽回の一助になれば幸いです。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、知識や解法の提示だけでなく「勉強の仕方」にもこだわる塾です。

「対話型授業」を通して思考力を高め、「本質的な学力」を獲得します。現状の学力に合わせ、グループ授業・個別授業を使い分けることも可能です。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
これにより「本質的な学習習慣」を獲得します。

夏期講習
大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る