入塾キャンペーンのご案内
特典付き無料資料請求top-s

映像授業よりライブ授業の方が良い?メリットデメリットは?

映像授業よりライブ授業の方が良い?メリットデメリットは?

高校2年生です。
塾に入ることを検討しているのですが、部活がまだ忙しくて映像授業の塾に通おうかな、と思っています。
ただ、映像授業できちんと成績上がるのかな、となんとなく不安です。
映像授業のメリットデメリットを教えてください。

質問者さまのいま持っている悩みは、多くの受験生が疑問に思っていることだと思います。
なかなか部活が忙しいと、時間的にも体力的にも、勉強するのが大変ですよね...。
部活に取り組みながら、質の高い勉強をするために、どのような選択をするべきなのかについて考えていきましょう!

1.部活生の勉強法

まず、部活生の勉強方法が一般的な受験生とどう違うのかを考えてみましょう。
部活生は、

  • 練習が多く、部活による拘束時間が長い
  • 部活で疲れて、勉強しようと思っても寝てしまうことがある

と、どうしても部活が勉強の妨げになってしまうこともありますが、

  • 物事をやり遂げようとする強い意志の持ち主が多い
  • 粘り強く努力できる

など、勉強に対する姿勢は、部活をやっていない人より優位であると考えられるのではないでしょうか?
時間があまりない分、すきま時間を有効活用したり、だらだらしてしまう時間をなくそうと努めることで、「濃い勉強」をできるといいですね。

2.映像授業とライブ授業のメリット・デメリット

さて、最近は、塾で先生の授業を直接受けるタイプのライブ授業のほかに、パソコンやスマホ越しに授業を受けるという、ライブ授業というものがあります。
いったい、それぞれどのような特性を持っているのでしょうか?

<ライブ授業>

メリット
  • 先生の授業を生で受けられるので、臨場感がある
  • 分からない問題があった時、直接先生に質問できる
デメリット
  • 決められた場所と時間にしか授業を受けられない
  • 通うのに時間とお金がかかる

ライブ授業は、直接授業を受けるため安心感がある一方、通うのが大変ですね。

一方、映像授業は、

<映像授業>

メリット
  • 場所や時間を問わず受講できる
  • ものによっては、倍速で受講ができるので時間の短縮になる
  • 有名講師の授業を手軽に受けられる
デメリット
  • しばしば緊張感がなくなってしまい、集中力が保ちにくい
  • 講師とのやりとりがないため、モチベーションを保つのが難しい
  • 分からない問題があっても聞けないので、特に苦手科目の勉強がしづらい

映像授業は、利便性が高い一方で、強いやる気がないとモチベーションを保ちにくく、苦手科目の対策もしづらいですね。

以上でみてきた、それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで、次に、部活生がどのようにそれぞれを活用すればいいのかを考えていきましょう!

3.映像授業・ライブ授業の活用法

部活生は、それぞれをどのように活用すれば良いのでしょうか?
人によって違いを見極めたうえで決めるのが一番ですが、おすすめは

「得意科目は映像授業、苦手科目はライブ授業」

です。

部活生は、勉強時間の確保が難しいため、映像授業をフル活用するのが時短になって非常に良いように思われますが、苦手科目に関しては、自分のつまづいたところを講師に理解してもらい、わからなかった部分を質問できたほうが安心ですよね。
講師と生徒が対話をしながら授業を作り上げていく対話型授業は、「濃い勉強」をするのに、実は非常に大切なのです!

4.最後に

いかがでしょうか?
人によって勉強法は様々なので、以上で触れたものが必ずしも全員にとってベストとは限らないのですが、ライブ授業のメリット・デメリットを踏まえたうえで、二つをうまく使い分けられると良いですね。
部活も勉強も、完全燃焼で頑張ってくださいね!

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、その名の通り「やる気を引きだす独自の技術」をもって授業をする塾です。

「対話型授業」を通して勉強への抵抗感を和らげ、前向きに学習に取り組む環境を整えます。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
生徒1人1人異なる「オーダーメイドカリキュラム」で成績向上を図ります。