関西大学政策創造学部AO入試の対策法をプロが伝授

関西大学政策創造学部AO入試の対策法をプロが伝授

関西大学政策創造学部AO入試を考えているのですが、どのように対策をすればいいでしょうか。

関西大学は、学部・学科ごとに様々な入試制度が用意されています。この記事ではその中でも、政策創造学部のAO入試の概要や対策ポイントをご紹介します。

※入試内容に関する情報は変更になる場合がありますので、必ず大学公式の入学試験要項を合わせてご確認ください。

1. 関西大学政策創造学部AO入試の内容

関西大学政策創造学部AO入試は、以下の内容で行われます。

■関西大学政策創造学部AO入試の募集人員

5名(【地域活動志向型】 【国際活動志向型】 【ビジネスリーダー志向型】合わせて)

■関西大学政策創造学部AO入試の主な出願資格について

以下の3つの志向型のうち、希望する志向型の条件を満たすこと。

1.地域活動志向型

  • 社会活動の実績証明書、または、国・地方公共団体・大学等が実施する論文コンテスト、スピーチコンテスト等の入賞を証明する資料の提出
  • 現代の社会経済問題に関わる高度な資格を有していることが望ましい(ニュース時事能力検定2級以上など)

2.国際活動志向型

(1)外国語検定の資格証明書 (2)外国留学時における社会活動の実績証明書のいずれか。

※(1)は英検準一級以上を受験し、CSEスコア2300点以上など。詳細は募集要項をご確認ください。

3.ビジネスリーダー志向型

  • 学術/文化/芸術/スポーツ活動等で、研究、創作発表、コンクール、競技などを通じて広く高い成績を残し、それを証明する資料、または、国/地方公共団体/大学 等が実施する論文コンテスト、スピーチコンテストなどの入賞を証明する資料の提出
  • 簿記/情報処理/数学技能等に関わる高度な資格を有していることが望ましい(日商簿記検定試験2級以上、応用情報技術者試験合格、実用数学技能検定2級以上など)

■関西大学政策創造学部AO入試の一次選考について

一次選考は、書類審査になります。

【主な出願書類】

  • 活動報告書
  • 入学志望理由書
  • 課題小論文
  • 資料説明票
  • 出願資格 を証明する資料
  • 調査書

課題小論文では「ベーシック・インカムが働き方に及ぼす影響について」を2000字程度で論じられることを求められます。

■関西大学政策創造学部AO入試の二次選考について

二次選考は、「面接」試験となります。
面接試験では、求める学生像の資質を見出す質問や課題小論文についての質疑が行われます。

2. 関西大学政策創造学部AO入試の対策ポイント

ここからは、そんな政策創造学部のAO入試のポイントについてご紹介します。

自分の「志向」を見極めよう!

関西大学政策創造学部のAO入試では3つの志向型を明確に分けて募集をしています。そのため、自分が「地域活動志向型・国際活動志向型・ビジネスリーダー志向型」のいずれにマッチするのかを見極めて対策を行いましょう。

見極め方としては、

  • 「英語が得意」「留学などの経験がある(する予定がある)」なら「国際活動志向型」
  • 「算数や数学、情報が得意」なら「ビジネスリーダー志向型」

など得意なことから考える方法や、

  • 「国内の課題に興味がある」「地域の活動にモチベーションがある」なら「地域活動志向型」
  • 「国際的な課題に興味がある」「国際活動にモチベーションがある」なら「国際活動志向型」

のように興味から考える方法もあるでしょう。

自分の「得意な方向性」と「興味のある方向性」を考え、両者と重なる志向を見極めるのが重要になります。

「興味を持つ」「考える」だけでなく、実際の「行動」に移そう!

関西大学政策創造学部の「求める学生像」の文章では、「問題解決能力と行動力を兼ね備えた人材となるための "実践的政策立案力" を養い、 磨くことに強い興味と意欲を有する者を強く求めています」というように、問題解決能力とともに「行動力」が強調されています。
実際、出願資格においても、活動実績の提出が求められています。ただ何かの分野に「興味を持っている」や、「考えたことがある」だけでなく、自分なりの課題意識を持って「実際に行動してみる」ことが、本学部を目指す上で重要となります。それだけの実績を積み重ねた人が合格できる入試ですから、しっかりと準備を進めましょう。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、「やる気」と「勉強の仕方」にこだわる塾です。

受験に合格する上で必要な知識・解答力だけでなく、自立力・主体性・やる気までを指導範囲としています。個別のカウンセリングとコーチングによって、自ら勉強に取り組めるように導いていきます。これにより、「自立した学習習慣」を獲得します。
授業では、本質を問う訓練をくり返し、基礎知識と応用力を身につけ、教わったことを「自分で使いこなす」という勉強の仕方を学びます。
「対話型授業」を通して思考力を高め、「本質的な学力」を獲得します。

『関西大学』の悩みに役立つ特典を今すぐ手に入れよう
\ピックアップ/
お役立ちコンテンツをもっと見る
学習に役立つ情報を
LINE公式アカウントでお届け!

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

237万人以上を支援する社会人教育の実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む学習塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったLINE友だち登録はこちら

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

お役立つ情報はメールマガジンでも受け取れます!