慶應SFCのAO入試の面接ではどのようなことが聞かれるの?対策方法は?

慶應SFCのAO入試の面接ではどのようなことが聞かれるの?対策方法は?

慶應SFCをAO受験しようと思っています。
今まで面接を受けたことがないのですが、AO入試の面接ではどのようなことを聞かれるのでしょうか?とても不安です。
また、塾に通ってないのですが面接の練習などはどのようにすれば良いのでしょうか?対策方法があれば教えてください。

面接とは、対象者と直接会って質問など、聞き取りを行うことをさします。
また、その目的は筆記試験などで判断できないその人の人物像や思想・能力などを確かめることにあります。
では、AO入試ではどのような位置付けにあたるのか、AO入試は基本的に志望理由などの書類が課されることがほとんどです。
それに合わせてグループディスカッションや小論文、面接が学校によって加えられています。
一般的な面接同様、書類といった紙面上では測れないその人の人物像などを直接確認するために行われているのです。

今回は「慶應SFCのAO入試」での面接を例に、その対策法をまとめてみたいと思います。

【目次】
  1. 慶応SFCのAO入試の面接形態とは
  2. 大学受験の面接の対策方法
    2-1. 質問リストを作成
    2-2. 実践の場を設ける
    2-3. 提出資料の分析
  3. 終わりに

1. 慶応SFCのAO入試の面接形態とは

AO入試の面接形態は受験校によって様々ですが、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)のAO入試を例にしたいと思います。

SFCのAO入試面接は志望理由書や活動報告書など書類審査を1次試験として課し、それを通過した者にのみ2次試験として面接があります。
面接は30分でSFCの教授3名と行うため、必然的に内容が濃くなっていくため圧迫面接であると言われることが多いようです。
基本的に手元にある1次試験で提出した資料を元に質問されますが、その場の柔軟力や発想力などを問うためにまったく関係ないような質問もするようです。

SFCのAO入試は圧迫面接で有名なようですが、誤解してはいけないのは生徒に嫌がらせをするためにしている行為でないことです。
教授も書類上のことや受験者自身への興味があったり、SFCへ入学してもきちんと授業や研究といった学問に向き合えるのかどうかを純粋に確かめたりするために「なぜそう思うのか」という風に掘り続けた結果、圧迫のように受け取られてしまうようです。

2. 大学受験の面接の対策方法

上記のような面接はではどのように対策していくべきか、以下に述べていきます。

2-1. 質問リストを作成

まず手っ取り早くできることは質問リストを作成することです。
考えられる質問を挙げられるだけ挙げてその回答を考えていきます。
ですが、気をつけないといけないことはたくさん出したからといってそれに満足してしまうことです。この質問リストの目的は回答を文字に出すことで一度頭の中を整理するとともに修正しやすくすることで、ただ単に蓄積するわけではありません。
一度文字化した回答も添削してみたりしてアップデートさせてみてください。

2-2. 実践の場を設ける

本番に勝つためにはなにより実践の場を設けていきましょう。
塾の講師でなくても、学校の先生やAO入試を経験した先輩など周囲の人にお願いしてみましょう。
その際は録音などしてどんな質問がきたのか自分がどんな回答をしていたのかを振り返り、質問リストに反映するなど活動するとただ面接を受けるより活きてきます。
どのような角度でどのような質問がくるかは誰もわかりません。
より多くの角度で質問を浴びといて突発的に困ることのないよう対策しましょう。

2-3. 提出書類の分析

出願した書類を改めて分析してみましょう。
志望理由書や活動報告書など書く際は凝って書いてたとしても時間がたつと忘れてしまうものです。
音読をするなど基本的なことから書いたことを改めてどうしてそう書いたのか「why」をぶつけていきながら細部にも気をかけていきます。
面接官も書類を見た上でその内容に言及することから自分自身が面接官になったつもりで自分の書類に対する疑問点を見つけていくのです。

また、自分の活動や志望理由のテーマに沿って知識などをつけていくことは必須です。
書類提出から時間がかなりかかってしまうSFCのAO入試ではなおさらです。(約2ヶ月の期間があります)
その期間内でもいかに思考やテーマに関する知識をアップデートできたのかも評価として考慮されることもあるので、書類を提出したからといって気を抜かず研究を続けて見てください。

3. 終わりに

面接とはどのようなものか、またどのように対策すべきかを書いてきました。
ですがもちろん正解はありません。
上記の対策法もあくまで一例であり、実践しながら自身にはどのような対策法が合っているのかということも模索してみてください。
なによりAO入試を通じて自分や大学と向き合って来た期間は人生の中でも濃い時間になることは間違いないかと思います。
そのような有意義な活動を是非自信を持って語ってください。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、早慶をはじめとする「難関私大対策」にこだわる塾です。

「対話型授業」で無暗な丸暗記を避けることで、「本質的な知識」を的確に押さえ、解答を導く思考力を養います。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
そのため難関私大の「AO入試」にも挑戦が可能です。

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る