入塾キャンペーンのご案内
特典付き無料資料請求top-s

第一志望はAO受験しようと思いますが、一般入試も併願します。いずれの勉強も両立させるにはどうすればよいのでしょうか?

第一志望はAO受験しようと思いますが、一般入試も併願します。いずれの勉強も両立させるにはどうすればよいのでしょうか?

慶應のSFCが第一志望で、AO受験をしようと思っています。
もちろんAO入試だけではなく一般入試も併願するのですが、AO対策と一般入試の勉強のバランスがよくわからなくなってきました。
一般入試の勉強も一生懸命やるなら、AO対策のせいで勉強がおろそかになるくらいなら一般入試だけにした方がいいのかな、と思ったりもしています。
どのようにしてAO入試と一般入試の勉強を両立させれば良いですか?

AO対策と一般入試の両立をしようと考えると、中々難しいと感じるかもしれませんね。
そもそもAO入試と一般入試の一番大きな違いはどういうことなのでしょうか?
今日はAO入試の勉強と推薦入試の勉強を両立するためには何を優先すべきなのか考えていきたいと思います。

【目次】
  1. AOの勉強と一般入試の勉強の比重を考える上で必要な3つの要素
    1-1. 一般入試とAO入試でどれだけ入試形態が異なるのか。
    1-2. AO入試の倍率もしくは合格率はどの程度なのか
    1-3. 一般入試とAO入試どちらの方が得意なのか
  2. 何を優先すべきなのか
  3. 終わりに

1. AOの勉強と一般入試の勉強の比重を考える上で必要な3つの要素

AO入試の勉強と推薦入試の両立の難しさは"受験の時期" "受験科目"の二つの要因に分けることができます。
多くの場合AO入試は一般入試よりも早く実施されます。
すなわちAO入試に力を注ぎすぎると一般入試の対策が不十分になり、一般入試に照準を合わせるとAO入試の直前に焦ることになります。

従って対策にかける時間は、各個人のAO入試と一般入試にどれだけの比重を置くかという観点で考えていただければいいと思います。
しかし、単純にどの程度時間を割けばいいのか考えるのは難しいですよね?

そこで今回は優先度を考える上で必要な要素を紹介したいと思います。

1-1. 一般入試とAO入試でどれだけ入試形態が異なるのか。

例えば、AO入試でも一般入試でも小論文の能力が問われるのであれば、一般入試の勉強に多く力を注いでもAO入試には支障をきたさないでしょう。
しかし、AO入試では小論文、一般入試では英語と世界史などの一般科目が必要となる場合はAO対策に多く時間を割く必要があります。

1-2. AO入試の倍率もしくは合格率はどの程度なのか

多くの場合、一般入試に比べてAO入試は倍率が高くなります。
しかし、時にはAO入試の出願基準が高く一般入試に比べて倍率が低く書類選考に通ってしまえばほぼ不合格になることはないAO入試が存在することも確かです。
この点に関しては自分の志望している大学の入試関連の情報をきちんと収集するようにしましょう。

1-3. 一般入試とAO入試どちらの方が得意なのか

一番の肝心な要素がこの三つ目の要素です。
つまり、一般入試とAO入試自分はどっちの方が得意で、どちらを強化したら合格率が上がるのかということを個々人で判断しなくてはなりません。
例えば面接があるようなAO入試では人見知りしてしまうタイプの人はあまり得意とは言い難いでしょう。
一方で、人前で喋るのが好きということであれば面接が含まれるAO入試で力を十分に発揮することができると思います。

2. 何を優先すべきか

1.でAOの勉強と一般入試の勉強の比重を考える上で必要な3つの要素を紹介しました。
ここでは結局何を優先すべきなのかということをもう少し述べていこうと思います。

結論から言うと個々人に依ると言わざるを得ないということになります。
つまり、今あなたがどれだけの基礎学力があるのか、どれだけAO入試で合格を掴み取るだけのアピールポイントがあるのか、そして、どれだけ一般入試でも合格できる可能性があるのか。
これら3つのポイントを自分で客観的に判断し、今自分が合格するために必要なことを自分で考える必要があります。
基礎学力や一般入試で合格できる可能性については高校の定期試験や模試などの結果で定性的に判断できるので考えやすいと思います。
しかしどれだけAO入試で合格を掴み取るだけのアピールポイントがあるのかを判断するのはやや難しいかもしれません。
このポイントについては、自分が受験しようと思うAO入試を過去に受験したことのある高校の先輩などを見つけるのが一番参考になると思います。
そしてその先輩に、どんなことをアピールしたのか、大学で同じAO入試を突破した人たちはどのような特技であったり高校時代の経験があったのかをリサーチしてみましょう。
そこから自分がどれだけ過去にAO入試で突破した人たちと離れているのかを考えて、追いつくために必要なことを考えて見ましょう。

これら3つのポイントを自分で客観的にかつ相対的に判断し今やるべきこと優先するべきことを判断してください。

3. 終わりに

今回の内容はやや抽象度の高いものになってしまいました。
これはAO入試は多岐に渡っているということ、また、個人の能力によって両立の難しさは変わってきてしまうためです。
だからこそ、どう両立すればいいのかというのは、今の自分の状況を客観的に判断しやるべきことを確実に行動に移していく必要があります。

今回の記事が、今の自分を見つめ直す契機となれば幸いです。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、「AO入試」に真正面から挑む塾です。

「対話型授業」を通して明確な志望理由を形成し、面接や小論文試験、集団討論に重要な思考力と表現力を養います。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
これらを通して、志望校に「欲しい」と言わせるAO・推薦対策が可能です。