キャンペーン一教科無料202110
無料学習相談ue210813
無料学習相談ue210813sp
「総合型選抜対策のキホン」が身につく!『総合型選抜対策スタートダッシュ講座』

評定平均は高校のレベルによって異なるんでしょうか?

評定平均は高校のレベルによって異なるんでしょうか?

総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜旧指定校推薦入試)などでは、評定平均が重要と聞きますがいまいちよくわかりません。
高校のレベルでもまた違ってくるのでしょうか?

評定平均は高校内の内部評価ですが、大学入試ではそれがそのまま審査基準となります。
したがって、評価の甘い学校だと有利になる部分は出てきます。

1. 評定平均の算出方法

評定平均は、MAXが5.0となります。基本的に小数点以下第一位までで考えます。

各学期末に出る通知票では、各教科とも5段階評価で成績がつきますが、それらを科目数で割った値が、評定平均となります。

ごく簡易化して例を挙げると、

国語:3.9
数学:4.2
英語:3.3

という成績であれば、評定平均は

(3.9 + 4.2 + 3.3)÷3 = 3.8

となります。

もちろん、これが1年から3年までの各学期で出ますので、さらにその平均を取った値が大学出願時に提出する評定平均の数値となります。

また、推薦入試やAO入試は夏~秋にかけて実施されることが多いため、3年生の1学期までが計算の対象となる場合がほとんどです。

さらにややこしいことに、学校によっては10段階評価を取っているところもあります。その場合、10段階評価を5段階評価に変換して評定平均を算出することになるわけですが、その10段階から5段階への置き換えのルールは高校によって異なります。

たとえば、85点以上を5としている学校もあれば、80点以上を5とする学校もあります。

2. 高校内でのローカル評価である

この評定平均は、全国統一の評価基準によって付けられているわけではありません。

あくまで、その学校「内」での相対評価で付けられている指標です。

したがって、ある学生(仮に普段の偏差値を50としましょう)が、背伸びをしてギリギリのラインの高校(偏差値55の高校)に入った場合、そのレベルの高い高校のなかでは下位層となってしまうので、高校での評定(平均)は低く出てしまいます。

一方で、実力より下の学校(偏差値45の学校)に入った場合は、おそらくその高校では成績優秀者となることができるでしょうから、結果として評定(平均)も高く出ることになります。

つまり、あくまで推薦入試(やAO入試)に限って言えば、「鶏口となるとも牛後となることなかれ」が成り立つことになるのです。

3. 原則として、大学側は高校ごとに扱いを変えることはない

そう聞くと、「レベルの高い学校にいるのだから、それを加味して評価してほしい」とお感じになるかもしれません。

しかし、原則として大学は、高校のレベルに合わせて、出願者の評定に傾斜をかけることはしません。少なくとも、それを大々的にやっている大学はありません。

その意味では、やはり、自分の実力より下のレベルの高校に入って、推薦入試で良い大学を狙うというのは、一つの戦略として成り立ってしまう部分もあります。

それでは、レベルの高い学校に入るのは不利かというと、そういうわけでもありません。

レベルの高い学校には、「指定校推薦」というかたちで、有名大学に出願する枠が多く割り当てられている場合があります。逆に、偏差値の低い学校には、有名大学への指定校推薦枠がないことも多く、その場合は公募推薦等で受験するか、一般受験で受験するかを選ぶこととなります。

指定校推薦のメリットは、ほとんど100%と言って良いほど合格率が高く、よほどの問題さえ起こさなければ、進学が約束されることになります。

逆に、デメリットのようなものがあるとすれば、選考に通ったら必ずそこの大学に通うことを約束しなければならないことと、高校内での指定校推薦枠の争奪戦が壮絶なことくらいでしょう。

では、誰が指定校推薦を勝ち取れるかというと、やはり評定平均が大きな審査基準となってきます。

4. 一般受験には、評定平均はそれほど影響しない

ご質問は推薦入試についてでしたが、最後に一般入試の話も少しだけさせていただきます。

推薦系の入試では極めて重要になってくる評定平均ですが、一般入試ではたいして評価の対象にはなりません。

共通テストや英語の外部資格試験、あるいは大学が課す二次試験において、学力を審査することができるためです。

したがって、初めから一般受験で大学受験をすることが決まっている場合は、評定平均を過度に意識する必要はありません。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、「総合型選抜(AO入試)」に真正面から挑む塾です。

「対話型授業」を通して明確な志望理由を形成し、面接や小論文試験、集団討論に重要な思考力と表現力を養います。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
これらを通して、志望校に「欲しい」と言わせる総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜(推薦入試)の対策が可能です。

『AO入試・小論文対策』の悩みに役立つ特典を今すぐ手に入れよう
  1. ポータブルスキルを鍛えて学習効果をアップする方法

    ポータブルスキルを鍛えて学習効果をアップする方法 ダウンロード

  2. 卒業生意識調査2021

    卒業生意識調査2021 ダウンロード

  3. AO入試(総合型選抜)基本のキ

    AO入試(総合型選抜)基本のキ ダウンロード

  4. 勉強をはかどらせる「やる気タイプ診断表」

    勉強をはかどらせる「やる気タイプ診断表」 ダウンロード

  5. 【動画】高1・高2から考える進路選択『後悔しない!ナットクの進路・コース選択』

    【動画】高1・高2から考える進路選択『後悔しない!ナットクの進路・コース選択』 視聴

  6. 【動画】高1・高2から始めるAO入試『AO入試対策スタートダッシュ』

    【動画】高1・高2から始めるAO入試『AO入試対策スタートダッシュ』 視聴

\ピックアップ/
お役立ちコンテンツをもっと見る
学習に役立つ情報を
LINE公式アカウントでお届け!

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったLINE友だち登録はこちら

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

お役立つ情報はメールマガジンでも受け取れます!

キャンペーン一教科無料202110
無料学習相談ue210813
無料学習相談ue210813sp
「総合型選抜対策のキホン」が身につく!『総合型選抜対策スタートダッシュ講座』