受験対策セミナー
中学生セミナー
モチアカの冬期講習

英語へのアレルギーが止まらない......克服するにはどうしたらいい?

英語へのアレルギーが止まらない......克服するにはどうしたらいい?

どうしても、英語に対してアレルギーがあります。
単語の発音がアルファベットの表記の通りでなかったり、文法を勉強していても「例外」が多かったり、そういうものを目にするたび、英語学習のモチベーションが下がってしまいます。
英語を勉強することには、いったいどんな意味があるのでしょうか?

「既存の価値観」や「自分の理解の枠組み」を一度取り払ってみましょう。
自分が求める「型」に英語を押し込もうとするのではなく、「英語」という名の、これまでとはまったく違った「型」を、自分の中にこれからインストールするのだと考えてみてください。

1. 英語学習の考え方と心構え

英語を学ぶとは、どういうことなのでしょうか。なぜそれをやらなくてはいけなくて、どうすれば勉強がうまく行くのでしょうか。

英語を勉強するときに、私たちはどうしても日本語によってそれを学ぶことになります。でも、異なる言語である以上、どうしても対応しない箇所というものは出てくるものです。

たとえば、日本語では名詞の単複、つまり「ものが一つであるか複数であるか」を言葉の表現上必須とはしません。

よく知られた松尾芭蕉の句に、「古池や蛙飛び込む水の音」というものがあります。これを英訳するのは、実はとんでもなく難しいことなんです。

なぜでしょうか。

蛙はfrogです。ここまでは問題ありません。

問題はこのあとです。英語では、数えられる名詞は、必ず単数か複数かを明示しなくてはいけません。それを明らかにしないで文章を作るということが、そもそもできないのです。

すると、a frog か frogs のどちらかを選ばなくてはいけません。でもこれ、どちらが正解とも決めきれないものではないでしょうか。日本語ではそもそも分ける必要がないところを、無理やりどちらかに決めつけなければいけないわけですから。

このように、英語を学んでいると、今までの(つまり日本語の)感覚からすると、腑に落ちないことってたくさん出てきます。動詞が不規則に変化したり、「はい」と答えたつもりが「いいえ」と答えたことになってしまったり......

それについて、説明を求めたくなる気持ちはもちろん分かります。先生の役割とは、ある程度は、そういったことを説明することにあるわけですから、「わかった」と思ってもらえるような説明ができるよう、極力努力はします。

でも、それには限界があります。そして、英語を学ぶことの意義は、そのような「異なる言語間のそもそもの違い」を理解することにあるのではないでしょうか。

使う言葉が違うということは、大袈裟にいえば、世界の切り取り方や見方が違うということです。そして、それは何か合理的な理由があってそうなったというものではなく、そもそもの段階でそういう違いがあったという、前提の話なのです。

ですから、英語が得意になるためには、「なぜそうなるのか」を突き詰めるだけではなくて、あるところで、「なんだかそういうものらしい」と割り切ることも重要になってきます。

「英語は、何でもかんでも単数と複数を分けて考えるらしい。なるほど。そうだとすると、英語の考え方で世界を眺めると、この世界はどういうふうに見えるんだろう。」

そういうワクワクが、英語に対するアレルギーをなくし、英語を得意にしてくれるのです。

2. 教科書の外にある英語の「ワクワク」

とはいえ、「そもそも英語になんて興味が持てない」という方もいるかもしれません。「なんであんなに細かく文法や定型表現を覚えないといけないの?」と感じ、学校での勉強に意義を見出せない方も多いのではないでしょうか。

まずひとつ、覚えておいてほしいのは、「文法がすべてではない」ということです。私たちが学んでいるのは、多くの場合「アメリカ英語」ですが、「イギリス英語」は綴りやイントネーションなどが「アメリカ英語」とは異なりますし、オーストラリアやインド、フィリピンなど、他の英語圏に目を向ければ、必ずしも私たちが習っている「学校英文法」は唯一絶対の正解ではないことがわかると思います。

また、実際に海外に行ってみると、細かな文法事項にこだわることにたいした意味がないという印象も受けます。そもそも、外国人とコミュニケーションを取り、異文化に触れることが目的であるのだとすれば、相手と楽しく会話できれば、それでいいわけです。

日本人は、どうしても「正しい」英語を話すことに神経質になってしまいますが、ネイティブは案外そんなこと気にしていないものです。カタコトの日本語で一生懸命話しかけてきてくれる外国人を想定したら、そのことがわかるのではないでしょうか。

他にも、英語を好きになるきっかけは、ささいなところに転がっています。たとえば、洋楽や洋画、つまり、英語の音楽や映画に興味を持つ場合。「自分の好きなアーティストが歌っている歌詞の意味を知りたい!」「好きな映画を吹き替えじゃなく、英語で見たい!」といったところが、英語アレルギー克服のきっかけになる可能性だってあります。

もしも今、あなたにとって英語が「つまらないもの」であるのだとしたら、テストで良い点を取るためだけに勉強をすることは、苦痛でしかないでしょう。その苦痛に耐えながら、必死に勉強をするというのは、はたして努力の方向性としては正しいものなのでしょうか。

これまで、「嫌だけど頑張る」努力はしてきたかもしれません。でも「楽しく勉強するための努力」「好きになるための努力」はしてきたでしょうか? あなたのこれからの人生において、ひょっとしたら学校のテストの点数は、あまり大きな影響をもたらさないかもしれません。テストに向けた英語の勉強の仕方とはまったく違う形で、英語に関わることになるかもしれない。

だからこそ、「楽しい英語」を見つけることが、中学・高校・大学の先の人生における、さまざまな可能性を開いてくれることもあるのではないでしょうか。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:

モチベーションアカデミアは、知識や解法の提示だけでなく「勉強の仕方」にもこだわる塾です。

「対話型授業」を通して思考力を高め、「本質的な学力」を獲得します。現状の学力に合わせ、グループ授業・個別授業を使い分けることも可能です。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
これにより「本質的な学習習慣」を獲得します。

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る
学習に役立つ情報を
LINE公式アカウントでもお届け!

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったLINE友だち登録はこちら

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など
モチアカのLINE友だち登録はこちら