受験対策セミナー
中学生セミナー
モチアカの冬期講習

定期テストや模試の復習や解き直しの方法を教えてください。

定期テストや模試の復習や解き直しの方法を教えてください。

高校2年生です。今年になってから模試を受ける機会が増えるようになりました。
模試を受けた後は復習した方がいい、というのは聞くのですが、どのように復習したらいいかわかりません。
また、普段から定期テストもあまり解き直しとかしてこなかったので、テストをどのように活用したらいいかわかりません。
どのようにテストを今後の勉強に生かしていけばいいか、教えてください。

定期テストや模試の復習方法・その後への活かし方がわからない、ということですね。
テストは当日に解いたまま、返却されても何もしない、という人が大半だと思います。
返却されるまでに時間があると、どうしても面倒臭くて「復習しよう」という気がなくなってしまいますよね。

でも、解きっぱなしではもったいない!!なぜなら、テストというのは自分が理解してないところをピンポイントで教えてくれるものであり、テストで間違えたところを復習するというのはとても効率の良い勉強方法だからです。

そこで今回は、皆さんにテストの解き直しかた・復習方法を詳しくご説明していきたいと思います。

【目次】
  1. 定期テストの復習の仕方
    1-1. 返却されたらすぐにやろう!
    1-2.定期テストの具体的な復習方法
  2. 模試を今後の勉強に活かそう
    2-1. 模試の復習は「3回する」のがベスト
    2-2. 模試の結果を学習計画に活かそう
  3. テスト復習ノートを作ろう

1. 定期テストの復習の仕方

定期テストが模試と違う点はやる範囲が極めて限られている、という点です。そのため、定期テストごとにしっかりと復習をすることは、その分野の穴をしっかりと埋めることができるいいチャンスです。それでは、復習のコツをお伝えしていきます。

1-1. 返却されたらすぐにやろう!

テストの復習がおろそかになりがちなのは、解いてから時間が経っているため面倒くさくなってしまうのが一番の原因でしょう。

そこで、「返却されたらすぐ復習!」を鉄則にしましょう。
「あとでいいや」と思っているとますます復習するのが嫌になってしまいます。

テストが返却されたら、当日のうちに学校で解答を確認してパッと見てよくわからないところはその日のうちに学校の先生に質問にいきましょう。

そして、その日の帰宅後に家でしっかりと復習をしましょう。
具体的な復習方法を1-2.でご紹介します。

1-2.定期テストの具体的な復習方法

学校でテストの解説が行われた場合は、先生の解説で大事だと思ったところは必ずメモを取っておきましょう。
自分がわからなかった問題のメモを取るのは当たり前ですが、部分点しかもらえなかった問題、テストを受けた時に悩みながら答えた問題についてもしっかりと解説を聞きましょう。

そして、自宅に帰ったら、悩んだ問題・間違えた問題全てについて、何が原因で間違えたのか(「資料集まで読み込めていなかった」「計算過程を書くのが雑なせいで計算ミスをしてしまった」など具体的に)分析しましょう。
この分析をノートに書きためると良いでしょう。(→「3. 解き直しノートを作ろう」)全ての分析が終わったら解き直して自力で解けるまで練習しておきましょう。

また、分析した結果、「やるべきことが本来はもっとあったのにやる時間が足りなかった」ことがわかったりすると思います。
このような時は、今回のテスト勉強の計画を振り返って、次回のテストの時に「いつから」「どのようなペースで」テスト勉強を進めていくのかという計画の改善に取り組みましょう。

2. 模試を今後の勉強に活かそう

模試の復習方法は定期テストとは少し違います。
なぜなら、模試は定期テストと違って①たくさんの分野から、②簡単な問題から難しい問題まで出題され、さらには③詳細な成績の分析結果が返ってくるからです。
これらの3つの特徴を踏まえた模試の生かし方をお伝えしていきます。

2-1. 模試の復習は「3回する」のがベスト

模試は定期テストよりもさらに返却時期が遅く、そもそも「模試を復習する」という概念を持っていない人も多いのではないのでしょうか。

しかし、模試というのは幅広い分野から出題されることから、得意or苦手な「分野」「出題方法」がわかる絶好のチャンスなのです。
特に、受験生にとっては、残された時間は少ないですから、得意分野や苦手分野を把握して効率よく点数を伸ばせるように学習計画を立てることが必須です。

模試の復習の重要性がわかったところで、復習は「3回する」ことをオススメしたいと思います。
3回というのは①模試の当日②成績返却時③②から1ヶ月後、です。

①について。
復習がおろそかになる原因は答案返却の遅さにある、と書きましたが、模試では受験した当日に解答・解説が配布されますね。
問題と自分の解答の記憶が鮮明なうちに復習してしまえば良いのです。
そうすれば、あとで復習するときに「どんな問題だったっけ...」と思い出すコストがなくなり復習も楽チンになりますね。

具体的な復習方法については、「1-2. 定期テストの具体的な復習方法」と同じで構いません。

次に、②についてです。
この復習は主に「2-2. 模試の結果を学習計画に活かそう」のためのものです。
①の時のように分析をメモったりする必要はありませんが、成績表を見て「他の人は大抵できているのに自分ができなかった問題」「苦手な分野の問題」を中心に軽く解き直しをしておきましょう。
著しく正答率の低かった問題については復習する必要はありません。

③最後に、答案返却の1ヶ月後の復習についてです。
1ヶ月後、というのはだいたい問題の内容を忘れてしまう頃です。
次の模試に向けて、対策を考える良いタイミングでもあるので、紙に解かないまでも、問題冊子をパラパラめくりながら解き方を頭の中でシミュレーションできると良いでしょう。
また、この時に①のタイミングで間違えたポイントをまとめたノートを見返すのも良いでしょう。

2-2. 模試の結果を学習計画に活かそう

模試を受ける意義はここにある、と言っても過言ではありません。
模試を受けて成績表が返却されたら、それを見ながら次の模試までの学習計画を考えていきましょう。

ここで注目して欲しいのは、分野ごとの正答率や偏差値が載っているチャートです。
これを見て自分の苦手分野を洗い出しましょう。
苦手分野がわかったら、その穴を埋めるような学習計画を立てます。
例えば、数学でベクトルの分野が苦手だとわかったら、ベクトルの分野だけ今やってる問題集より少し簡単めの問題集に戻って一通り解き直す、などです。

苦手分野を学習する上でとても大事なことは、がむしゃらに難しい問題にたくさん取り組むことではなく、少し易しめな問題を解きながら基礎を固める、ということです。
「苦手」の原因は基礎の抜けにあることが多いですし、本当に自分にとって苦手な分野ならば「少なくとも皆が大抵解けるような簡単なレベルの問題(大設問(1)(2)など)では確実に得点できるようにする」というのが大事な戦略になるからです。

ただし、注意しておきたいのは夏休み以降の受験生が苦手分野に注力しすぎることはよくないです。
特に数学であれば、勉強してから点数の伸びに繋がるまでに長い時間がかか流ので、逆に「得意分野を伸ばす」という戦略を選択するのも一つの手です。

3. テスト復習ノートを作ろう

定期テストや模試を1. 2.でお伝えした通り分析しても、すぐ忘れてしまうのは当たり前です。
そこで、テスト用の「復習ノート」を作る事をオススメします。

間違えた問題の概要と、間違えた原因の分析、その周辺知識の3点をまとめていきましょう。
問題をコピーして貼り付けるのも良いでしょう。
数学の計算ミスで悩んでいる人は多いと思いますが、計算ミスもしっかりと復習ノートにまとめておきましょう。
なぜなら、自分がしやすい計算ミスの傾向は必ず存在するからです。(例えば、よく19×3=51としてしまう、-12を+2と読み間違えてしまう、など)

そして、復習ノートを作っていれば、テスト前に読み返すと自分の間違いやすいところ、抜けがちなところが確実に把握できてテスト中に気をつけることができますね。

いかがでしょうか。これを読んで、質問者さんがテストを活用できるようになれば幸いです。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、その名の通り「やる気を引きだす独自の技術」をもって授業をする塾です。

「対話型授業」を通して勉強への抵抗感を和らげ、前向きに学習に取り組む環境を整えます。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
生徒1人1人異なる「オーダーメイドカリキュラム」で成績向上を図ります。

『モチベーション・学習習慣』の悩みに役立つ特典を今すぐ手に入れよう
  1. AO入試(総合型選抜)基本のキ

    AO入試(総合型選抜)基本のキ ダウンロード

  2. 【動画】高1・高2から考える進路選択『後悔しない!ナットクの進路・コース選択』

    【動画】高1・高2から考える進路選択『後悔しない!ナットクの進路・コース選択』 視聴

  3. モチアカJOURNALバックナンバー

    モチアカJOURNALバックナンバー ダウンロード

  4. 【動画】高1・高2から始めるAO入試『AO入試対策スタートダッシュ』

    【動画】高1・高2から始めるAO入試『AO入試対策スタートダッシュ』 視聴

  5. 【動画】2020年4月26日(日)オンラインセミナー「しっかり学べる!家庭での学習習慣づくり3つのカギ」

    【動画】2020年4月26日(日)オンラインセミナー「しっかり学べる!家庭での学習習慣づくり3つのカギ」 視聴する

\ピックアップ/
お役立ちコンテンツをもっと見る
大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る
学習に役立つ情報を
LINE公式アカウントでもお届け!

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったLINE友だち登録はこちら

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など
モチアカのLINE友だち登録はこちら