無料資料請求ue

高校に入って成績がガタ落ち。何故?どうすれば?

高校に入って成績がガタ落ち。何故?どうすれば?

現在高1です。演劇部に所属しており忙しい毎日を過ごしています。
中学の頃は比較的上位の点数が取れたのに、高校になってから、成績がガタ落ちしました。
数学と化学がとくにできないため理系を諦めて、高2からは文系コースに進もうと考えているようですが、このままだとズルズルと右肩下がりの成績になってしまうのではと不安に思っています。
どうすればよいでしょうか?

中学から高校に変わったタイミングで一気に成績が下降したとのこと、ご不安も大きいと思います。
実は、高1というタイミングは高校3年間のなかでも成績下降がもっとも起きやすい時期のひとつです。

今回は、「高1ショック」とも呼ぶべき成績下降が起こるメカニズムと、その対応方法についてご紹介していきます。

成績が下がるのは「変わることができていない」から

環境変化に対応できていなければ、成績はみるみるうちに下がります。

「高校に上がったら成績が下がった」というお悩みは非常に多く寄せられます。
よくあるケースは、

  • 高校受験で燃え尽きて、勉強しなくなった
  • 一貫校で進学したものの、「中だるみ」が起きている

の2点です。
いずれも「勉強をしていないこと」が課題ですから、とにかく「いかに勉強量を増やすか」にフォーカスをすることで解決する場合が多いです。
まずは難しいことを考えず、「とにかく勉強する」ことから始めましょう。
1日5分でもよいので、その日の授業を復習したり、問題集を解くなどしているうちに、これまでのリズムを取り戻せるかもしれません。

一方、やっかいな状態に陥っているお子さんも少なくありません。

  • 一生懸命勉強しているのに、テストの成績に反映されない
  • 勉強しても、学校の進度に追いつけない

という状態に陥った結果、成績が下降しているというケースです。
「勉強はしている、なのに成績が下がっていく」というのは、精神的にもつらい状態です。
これらのケースの場合、「環境変化に適応できていない」ことが原因となっていることがほとんどです。
例えば、

  • 中学までは基本問題が中心だったが、高校から一気に応用問題が増えた
  • 中学のときの倍のスピードで授業が進んでいく

など、自分を取り巻く環境が変化したにもかかわらず、「中学時代と同じ勉強」をしていては、成績は上がりません。
そう考えると、先述の「勉強しない」という課題についても、

  • 高校になって部活が厳しくなり、疲れて勉強どころではない
  • いくら勉強しても授業に追いつけないから、諦めてしまった

など、「環境変化」によって勉強に手を付けられていないパターンかもしれません。

いずれにせよ、高校に入ってから「成績=結果」が変わってしまったのであれば、その結果に至る「勉強法=プロセス」を変えないことには、好転は見込めません。
ですから、学校全体や各授業の特徴をとらえ、お子さんの勉強法を変えていくことから始めるのがオススメです。

高校に上がったら、「ポイントを押さえる」ことに注力!

「効率化」できなければ、そもそも勉強しきれません!

では、「環境変化に合わせて、どのように勉強法を変えていけばよいのか」についてお話ししましょう。

基本的に、高校に上がると勉強量は増え、授業のスピードも上がります。
勉強の中身としても「しっかり基本の知識を入れる」ことを重視した中学の学習から、「知識を身につけた上で、それを使いこなせるか」を問うものに変化するイメージです。
よって、「全部覚えよう!」といった学習は、成績下降の原因になりかねません。
むしろ、「やること」と「やらないこと」の取捨選択に意識を向けることも必要です。
より具体的には、

  • 化学はある程度すぐに身につけられるので、数学に時間を割こう
  • 現代文の読解はできるから漢字だけやる
  • 英文法の準動詞は、不定詞を押さえれば動名詞にそこまで時間を割かなくてよい

といった判断をしていくイメージです。

無論、学校の先生がどのようなテストを出すかによっても違いは生まれます。
「先生の板書を再現できるかが勝負」といったテストに対しては、覚えこむことが有効な対策です。
それぞれのテスト特性を把握したうえで、かけるべきエネルギーをいかに配分していくかに工夫を凝らしてみましょう。
もし、どのような取捨選択をすればよいか迷った場合は、学校や塾の先生に重要なポイントを教えてもらい、そこに集中するのも一つです。

また、部活動の忙しさなどでまとまった勉強時間を確保することが難しければ、「スキマ時間」を有効活用することも考えなければなりません。
「短い時間」で「ひとつでも多くの学び」を得る方法はないか、試行錯誤してみることが、未来につながる勉強法です。

念のために付言しますが、消極的なスタンスの下で「サボる」ように取捨選択をしてはなりません。
あくまでエネルギー配分の調整ですから、「ここぞ!」というときには全力を尽くすことが重要です。

完璧主義を捨てること!

「ここだけは逃さない!」という自分の「ミッション」を決めましょう。

このような方法論を取っていると、以下のような不安も耳にします。

  • 「ちゃんとやった感」が無い科目が不安で、なんだか勉強が手につかない...
  • これだけしかやっていなくて、本当にうまくいくのだろうか...

こうした不安が浮かんできてしまうのは、ある種の「完璧主義」が影響していると考えられます。

  • 時間の許す限り勉強して、「完璧」に覚えなければならない
  • 全科目、全力で勉強しなければならない

という「努力量に焦点を当てた完璧主義」は、高校に上がる段階でお子さんを苦しめる要素になりがちです。
目的は「成績の向上」であり、「ヘトヘトになるまで頑張ること」ではありません。
もし「ヘトヘトになるまで頑張ること」をよしとするのであれば、それが成果に繋がる時です。
大変ドライな言い方に聞こえるかもしれませんが、時に「頑張る」は「単なる自己満足」になりかねません。
冷静に「何をすべきか」を取捨選択したうえで、熱くそれらに挑んでいくというバランスが取れると良いでしょう。

その中で、「これだけは外さないぞ!」「これだけは絶対にモノにしてやる!」というものを1つか2つ持っておくのも良いでしょう。
少ないながらも「これはやり切った!」といえるものがあるだけでも、
自分が「ちゃんとできていないのではないか」という不安を抑えることが可能です。
「この科目 / 単元はできたぞ!」と自信が持てれば、その先の受験でも「武器」になるかもしれません。
全体が中途半端になるよりも、一つは強みを持てている状態が理想です。

モチアカでのスケジューリングは、時間とやることを当てはめる「パズル」のような計画ではありません。
ひとりひとりの目標と現状に合わせ、「今やるべきこと」や「効果的なやり方」、そして「できる自分にワクワクするプラン」を講師と一緒に探っていくスタイルです。
機会があればぜひ、体感してみていただければと思います。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、知識や解法の提示だけでなく「勉強の仕方」にもこだわる塾です。

「対話型授業」を通して思考力を高め、「本質的な学力」を獲得します。現状の学力に合わせ、グループ授業・個別授業を使い分けることも可能です。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
これにより「本質的な学習習慣」を獲得します。

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る