入塾キャンペーンのご案内
特典付き無料資料請求top-s

理系ですが大学のどの学部が向いているのか、そもそもどういったことを学べるのかを知りたい

理系ですが大学のどの学部が向いているのか、そもそもどういったことを学べるのかを知りたい

理系なのですが、将来どの学部が向いているのかわからなくて受験校を悩んでいます。
それぞれの学部でどのようなことを学べるのか教えてください。

今回は、理系の学部で学べる内容をご紹介していきます。

【目次】
  1. 理学系
  2. 工学系(機械・電気・情報・土木など)
  3. 農学系
  4. 医療系
    4-1.医学部・歯学部
    4-2.薬学部
    4-3.看護学部
    4-4.その他(診療放射線技師・理学療法士・作業療法士など)

1.理学系

理学部の中には高校の理系科目それぞれの学科があります。(数学科、物理学科、化学科、など)工学部との違いは、理学部では純粋科学を学び、工学部では応用科学を学ぶところにあります。
「純粋科学」というのは実社会・人類に役立つかはさておいて、自然界で起こる物事の原因や真理を探求していく科学です。

そのため理学部に向いている人というのは、その科目が好きでたまらない、好奇心が強く「なぜだろう」とよく思う人と言えるでしょう。

将来は研究職や高校・大学教員になる人が多いです。

2. 工学系

1.で工学部では「応用科学」を学ぶ、と書きましたが「応用科学」というのは社会や人間のニーズに答えて新たな物を科学の力を使って開発しよう、とする試みです。
すなわち「モノづくり」がコンセプトになります。
例えば工学系の中には、機械やロボットを作ったりする学科もあれば、建物を作る建築学科、近年ニーズの高まっているプログラミングなどを学ぶ情報学科などがあります。

理系科目が好き、社会貢献したい、という思いの強い人は工学部の中にも様々な学科があるので大学のホームページなどを参考にして学習できる内容をチェックしてみると良いでしょう。
工学部はとにかく就職に強く、エンジニアや民間企業の研究開発職に従事することができます。

3. 農学系

「農学部」とはいえその大半の勉強は「生物学」です。
生物の体の仕組みなどミクロな観点から、生態系単位のマクロな観点までをカバーしています。
また、農業経済学や国際開発農学など社会に密接に関わった文系的な勉強もすることができます。
そして、農学部に進学して何より楽しいのが実習です!
学科によって実習内容は異なりますが、野菜を育てたり牧場に行ったり森に行ったり時にはお酒を作ったり...ととても貴重で楽しい体験をすることができます。

農学部の出身者は農業関連の職種に就く人ももちろんいますが、そのほかに大学で学んだ生物学や化学の知識や実験手技を生かして食品メーカー、製薬・化粧品など化学系メーカーに就職する人が多いです。

4. 医療系

4-1.医学部・歯学部

医学部も歯学部も6年制で、国家試験をパスすれば医学部出身者は医師免許、歯学部出身者は歯科医師免許を取得することができます。(この2つの免許は別で、歯科医師は他の歯科以外の医療行為をすることができません。)
これらの職業の内容は身近で想像しやすいと思いますが、特に医師は体力も精神力も非常に必要とされる仕事です。
また、数は少ないとはいえ患者さんを直接みる「臨床医」のほか、「研究医」といって大学に残って病気の原因や治療法の研究をする医師もいます。

特に医学部は国立医学部であれば東大理系に合格する程度の高い学力、私立医学部では高い学力に加え超高額な学費を賄えるだけの親の圧倒的な経済力が必要になってきます。
入試では学力試験のほか小論文や面接が課されるところも多く、倫理・道徳観や医療に関する日頃からの関心が問われます。
そのため、医学部を志望するのにはそれなりの覚悟が必要と言えるでしょう。

4-2.薬学部

薬学部の中にも2種類あり、6年制で薬剤師資格の取得を目指す学科と、4年制で創薬や生命科学の勉強をする学科があります。
薬学部での学習内容は主に有機化学になります。
他にも生命科学・医学の知識を身につけます。

薬剤師の仕事内容は想像しやすいと思いますが、病院や薬局で薬を調合し患者さんとコミュニケーションをとって適切に処方します。
比較的収入も高く強力な資格と言え、ライフイベント(出産や育児など)の多い女性にも人気です。
しかし、働く場は病院や薬局だけに留まりません。
特に4年制の学科の出身者に多いですが、製薬などのメーカーに就職して化学系の研究をすることもあります。

4-3.看護学部

看護学では患者さんの体だけでなく心やその人を取り巻く環境を含めてケアするため、医学のほかに心理や倫理など人間に関する多様な側面も学んでいきます。
また、病院や乳児院・介護施設などでの実習も重ねて実践的に学び、国家試験に合格すれば晴れて看護師資格をえて看護師となることができます。

もちろん病院で看護師として働く人が一番多いのですが、看護師資格を持っているとさらに他の科目を履修して国家試験をパスすることで「助産師」や「保健師」の資格を得ることができます。
「助産師」は産科に関する専門知識をさらに身に付けることで専門性を持って出産に立ち会ったり産後のケアを行ったりします。
「保健師」は公衆衛生といって地域の病気予防や病気を持った人のケアを学び、地域の保健所や企業の健康管理をする部署で働いたりすることができます。

夜勤などがありとても忙しく労働は過酷といえますがやりがいはピカイチで、強力な資格であることから女性が多いです。
近年は老人の介護や精神科看護などで体力が必要なことから男性看護師も増えニーズも高まり続けています。

4-4.その他

医療系の学部にはそのほかにも多様な資格に対応してたくさんあります。
以下に例を複数挙げておきます。
これらは全て国家資格で就職に困りません。

  • 診療放射線技師...医師や歯科医師の指示のもとで、画像検査のほか放射線によるがんの治療などを行います。学部では医学のほか工学系の勉強もするのが特徴です。
  • 理学療法士...身体に障害がある人のリハビリや障害の発生・悪化の予防のために運動療法(動作の訓練)や物理療法(温めたり、電気を使ったりする)を行う専門職。
    病院や介護施設で働くほか、スポーツチームで働いている人もいます。
  • 作業療法士...理学療法士と似てリハビリ医療に携わりますが、やる内容は病気・障害を持った方の日常生活・社会生活を行うための訓練です。
    身体障害者の生活の支援だけでなく、精神疾患を持った方の心の問題にもアプローチするのが特徴です。

いかがでしたか?みなさんが大学での勉強内容や将来の職業について考えるきっかけになっていれば幸いです。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、その名の通り「やる気を引きだす独自の技術」をもって授業をする塾です。

「対話型授業」を通して勉強への抵抗感を和らげ、前向きに学習に取り組む環境を整えます。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
生徒1人1人異なる「オーダーメイドカリキュラム」で成績向上を図ります。