無料資料請求ue

勉強をするにあたって大切な「時間の使い方」とは?

勉強をするにあたって大切な「時間の使い方」とは?

皆さんは充実した生活ができているでしょうか?
今日は、勉強をするにあたってとても大切な「時間の使い方」についてお話をしたいと思います。

講師として多くの生徒さんと関わっている中で

  • 「今日は10時間みっちり勉強する!」
  • 「高3の夏休みは、合計400時間勉強するぞ!」
  • 「○○大学に行きたいんですが、1日何時間くらい勉強すれば良いですか?」

というような声をよく聞きます。

しかし、このように時間を"長さ"で考えているうちは中々成果には繋がりにくいでしょう。
上記のように「10時間勉強する」ということを目的にするのは全くの無意味です。

では、どうしたら良いのか?
圧倒的な成果を出すためには、時間を"濃さ"で考える必要があります。

僕は、自習に来ていきなりテキストを開く生徒さんたちに「今日は何ができるようになりたいの?」と問いかけます。
そして、その目的達成のための計画を立ててから実際に勉強を始めさせます。
こうすることで、今日1日でやることが明確になり集中して取り組むことができます。

また1日勉強をした後で、「終わったー!!」と言って帰り支度を始める生徒さんにも「待った!」をかけ、「今日1日の進み具合はどうだった?それを踏まえて、明日からはどのように進めていこうか?」といったことを問いかけ、自分の頭で考えさせます。

長い時間勉強することを目的にするのではなく、限られた時間の中でやるべきことを考え、それを実行するという濃い時間を過ごす。
これが勉強で成果を出すための第一歩です。

モチベーションアカデミアでは、計画の立て方や優先順位のつけ方など、"濃い時間"を過ごすための「対課題力」の授業で具体的な方法をお教えしています。
「長時間勉強しているんだけど、イマイチ成果が出ない...」というような生徒さんは、ぜひ相談に来てくださいね。

モチベーションアカデミアの自習室は、勉強時間を「濃い時間」にするために、以下のような特徴があります。

①常に講師たちの目が届く
自習室はガラス張りでオープンになっているので、常に講師たちの目が届きます。
集中できていなかったり、寝てしまっていたりする生徒さんには、
講師やスタッフが積極的に声をかけにいきます!

②わからなかったら、すぐに質問できる!
自習をしていると、わからないことが出てくると思います。
そういう時は、講師陣がスタンバイしているので、すぐに質問に行きましょう!
モチアカでは、質問のために並ぶ必要はありません。

いつでも、すぐに質問できる環境を大いに利用して、他の受験生と差をつけましょう!

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、その名の通り「やる気を引きだす独自の技術」をもって授業をする塾です。

「対話型授業」を通して勉強への抵抗感を和らげ、前向きに学習に取り組む環境を整えます。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
生徒1人1人異なる「オーダーメイドカリキュラム」で成績向上を図ります。

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る