無料資料請求ue
成城学園前校新規開校

苦手科目はどのように克服すればいいのでしょうか?

苦手科目はどのように克服すればいいのでしょうか?

現在高校1年生の息子がいるのですが、苦手な科目があって、成績が伸び悩むどころか下がり続ける一方です。
せめて平均点くらいに上げて足を引っ張らない水準に持って行かないと受験の時に苦労するのは目に見えているのですが、テスト勉強の時も後回しにして、成績が下がる一方で...。

模試やテストの結果で特定の科目だけガクッと落ち込んでいるのを見ると、「苦手科目さえ克服すれば、総合成績もマシになるのに...」そんな気持ちになりますよね。
明らかに改善すべきにも関わらず、なかなか着手していないお子様の様子を見ると不安な気持ちになる方も多いと思います。
今回は、そんな親御さんに少しでもお渡しできるものがあればと思い、「苦手克服のポイント」をお伝えできればと思います。

 1. 苦手が生まれるメカニズムとは?

どうして「苦手」という気持ちが生まれるのか?

一口に「苦手」と言ってもその原因はさまざまです。まずは「苦手」に繋がる3つの「壁」をご紹介します。
お子さんの普段の発言や様子を思い浮かべながらチェックしてみてください。

①「やりたくない」の壁

ひとつめが「魅力」を少しでも感じられているかどうかの壁です。
「やっても意味ないじゃん」「面白くないしやりたくない」そんな嫌々勉強に取り組んでいるようでは、そのうち続かなくなってしまいます。
自分にとって勉強することの意味や意義が理解できていたり、勉強に対して面白さを感じられていれば、自ずと「やる気」は高まっていきます。
この「やりたい!」がない状態で勉強を続けなくてはならない環境にいると、どんどん苦手意識も高まってきます。

②「どうせやっても...」の壁

2つ目が「やればできると思えている」かどうかの壁です。
誰しも「どうせやっても無理...」と思っていることには、なかなか気乗りしませんよね。
そういう意味では、勉強すれば点数が取れる!と感じていたり、
この勉強計画なら自分にもできるかも!と感じていることが大切です。
「どうせできない」と感じながら取り組んでいるうちは、「苦手」も克服できません。

③「やらなくてもいいや」の壁

そして最後が、「やらなきゃ!」と思えているかの壁です。
同じ空間で周囲のみんなが必死に勉強していれば、自分もやらないとと思って勉強しはじめるケースもありますよね。難関大学への合格率が高い中学や高校は、周囲の「当たり前の基準」が高いからこそ、勉強するという側面もあるのです。周囲ばかりが焦って、本人が「まぁいいや」と思っているうちは苦手克服に気が乗らないのは必然かもしれません。

3つの壁があることはご理解いただけたかと思いますが、
「では、具体的にはどうすれば、その壁を乗り越えられるのか」というのが気になりますよね。
今回は、その「ポイント」をお伝えしていければと思います。

2. 「やりたくない」の壁の乗り越え方

①「案外面白いぞ!と感じさせてくれる存在」

「問いかけ」がキーワードになります。
例えば、世界史でカタカナの人名を「丸暗記しろ!」と言われても面白いと思えないかもしれませんが、「もし日本が第一次世界大戦で負けてたら今頃どうなってたんだろうね?」そんな「問い」を立てて、一緒に考えることは面白いと思える人も多いのではないでしょうか。問いの難易度を下げたり、返答にポジティブな反応を示す中で、勉強が面白く感じられるようになっていきます。

②「憧れの先輩や志望校の存在」

オープンキャンパスで実際に大学の様子を見たり、憧れの先輩から充実した大学生活の話を聞くことによって「やる気」が引き出されるケースが多いです。
高校に比べるとキャンパスや自由な雰囲気など、大きく変わるからこそ、案外効果絶大のようです。
できるだけ足を運ぶ機会を増やすことをオススメいたします。
「面白くない教科」から「憧れを手にするための重要テーマ」に変わったらしめたものです。

③「苦手を乗り越えたライバルやサポーターの存在」

意識して高め合える仲間がいたり、大変な気持ちに寄り添ってくれるサポーターの存在も大切になっていきます。
「Aくんは苦手科目を20点も伸ばしたらしいぞ!Bくんも負けてられないね!」「やりたくないことを放置する人にはなって欲しくないんだ!一緒に頑張ってみないかい?」そんな声掛けをキッカケに苦手科目と向き合う生徒さんも多いです。

3. 「どうせやっても...」の壁の乗り越え方

苦手なものは、砕いて砕いて小さくする!

野菜が苦手なお子さんでも、ニンジンやピーマンをすり下ろしてハンバーグに入れると、気付かずに食べられますよね。
それと似ているのですが、「合計56ページ分をやってね!」と言われるとギョッとしてしまいます。
しかし「1日1ページだけ進めていこう。」と砕いて渡していくことで、「それならできるかも!」と思えるようになります。

あえて「完璧」を目指さない!

いかに砕いても、思ったより分量あるじゃん...。
お子さんがそう感じてしまうケースにおいては、「絞る」ことが成功のカギになります。
中高一貫校の中1のお子様など、比較的時間がある場合によく提案するのは、「得意科目で凄い点数を取らせる」ことです。
全科目一様にやってしまうと、量も質も下がってしまう場合もあります。
結果的に「失敗体験」を積んでしまうくらいなら、グッと絞って「まずは得意科目が武器の状態」をつくってあげることも大切です。

ばかばかしい程、小さな目標を!

何よりも難しいと感じるのが、「できるかも」と思ったことを「継続すること」で「できる!」に変えていくことです。
学習習慣が身についてないお子さんだと尚更ここが1番難しいかもしれません。
習慣を身につける上で大切な観点が「バカらしくなるほど簡単な行動を」「取り敢えず」やり続けるという点です。
「その日の授業の復習を毎日やろう」という勉強法を考えつく方も多いと思うのですが、苦手な科目だと必ず挫折しますよね。
「どれだけ疲れていたとしても、取り敢えず、その日の授業のノートを開いて30秒見よう。それでok」という渡し方をしてあげることで習慣にしてしまうことが最初のステップです。

4.「やらなくてもいいや」の壁の乗り越え方

マズい!を感じる機会を増やす

自分と同じような境遇の周囲の友達が急に勉強し始めたら「自分もそろそろやらなきゃ」と思います。
人間には周囲と合わせる傾向があります(同調性バイアスといいます)それを上手く使ってあげるのが効果的です。
最近頑張り始めた人が周りにいたタイミングで、その人を称賛したり、話題に多く出すことで危機感を感じることができます。
一方で「あなたも始めなさいよ」というメッセージが強くなりすぎると反発する場合もありますので、そこは要注意でしょう。

周囲に宣言する機会をつくる

立てた目標を周囲に告げることはなかなかハードルが高いことではありますが、壁に書いて貼るのがよく言われる方法です。
他にも、親御さんから「うちの子、〇〇目指すって言ってくれました!」と学校の先生に嬉しそうに話すことで、期待を裏切れないなぁ、掲げた目標と相反する行動を取りにくいなぁと思わせることで、やる気に繋がります。

点数を測定する機会を細かく設ける

テスト前に慌てて勉強し始める子に有効な方法ですが、小テストのような機会を細かく設けることでやる気を引き出せることがあります。
「毎日10個ずつだけ単語テストするね」のように、あくまで細かく区切ったテストを実施することは有用です。
更に、そのテストをお子さんに作らせるというのも効果が出る方法ですので、是非試されてください。

5.まとめ~「苦い」を「旨い」に変えるために~

さて、ここまで3つの壁の乗り越え方を、具体的に見てきました。
苦手という「苦い」ものを、「旨い」ものにすることは、そう簡単なことではありません。
しかし、この成功体験を積んだお子さんは大きなステップアップができ、受験でも大いに戦える状態になっているに違いありません。
だからこそ、少しづつ中長期的な成長をデザインする必要があります。

また、一人一人お子さんの苦手特性も違います。
例えば、苦手な科目によって、やり方も変わってきます。
そのため、モチアカでも、全員に学習タイプを診断するテストをご受験いただき、お子さんに最適な「勉強方法」や「やる気の出し方」を把握したうえで、担任講師を決めたり、指導法を変えています。

回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:

モチベーションアカデミアは、その名の通り「やる気を引きだす独自の技術」をもって授業をする塾です。

「対話型授業」を通して勉強への抵抗感を和らげ、前向きに学習に取り組む環境を整えます。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
生徒1人1人異なる「オーダーメイドカリキュラム」で成績向上を図ります。

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る