入塾キャンペーンのご案内
大学入試対策セミナーのご案内
特典付き無料資料請求top-s

国立大学を目指すメリットとは?志望校を私立に絞るのは良くない?

国立大学を目指すメリットとは?志望校を私立に絞るのは良くない?

文系の受験生ですが志望校を私立だけに絞ろうか迷っています。
今まで国立大学の受験を考えていたのですが、どうしても数学が苦手です。
数学や理科のセンター対策に時間を取られるよりも、国語と社会に絞って勉強した方が良いのではないかと思っています。
でも、親や先生は国立を目指した方が良いと言っています。
やはり国立大学の方が良いのでしょうか?
また、私立だけに絞ってしまうのは良くないことでしょうか?

今回は「国立大学を目指すメリットはあるのか」についてお話ししていきます。
今回の相談者のような悩みを抱える受験生は多いのではないでしょうか?
「これまで国立大学を目指して来たけど、国立大学で求められる教科にどうしても苦手なものがある。苦手科目を受験で使うのは怖いし、得意科目だけで受験できる私立大学に絞った方が合格できそう...」と言う人。

受験に必要なのに苦手な科目があるって辛いですよね。
私も受験生時代は苦手科目にかなり苦しめられました。何度も投げ出したくなったのをよく覚えています。
しかし、周りの人々は「国立大学を目指した方がいい」と言います。
本当に苦手科目を使ってまで国立大学を受験するメリットはあるのでしょうか?

まず結論から話すと、国立大学を志望するメリットは「非常に大きい」です。
むしろ、国立大学を志望せず、私大専願にするのはかなり損とまで言えます!
なぜそこまで言い切れるのか?そんな根拠がどこにあるのか?これからその理由をお話していきます。

国立大学を志望するメリット

1. 私大専願にするより本質的な学力がつく

いかにも先生が言いそうなことですが、実はこれ、ものすごく重要なんです。

国立大学と私立大学の違いの1つとして「問題の質」が挙げられます。
皆さんは国立大学の問題と私立大学の問題を両方解いたことあるでしょうか?
数学などは分かりにくいですが、特に国語や社会などで、国立大学の問題と私立大学の問題は大きな違いがあります。
それは、国立大学は論述式問題が多いのに対し、私立問題は記号選択式が多い、ということです。

論述式問題は、自分の頭で、問題の全体像を捉えながら、知識を頼りに思考し、論理を組み立て、言葉に起こす作業が必要になります。
この力こそがまさに「本質的な学力」なんです。
一方、記号式問題に必要なのはほとんどの場合「知識」だけです。

これが何を意味するか分かりますか?
つまり、「知識のみを問われる私大の問題は国立大の問題を解く勉強でカバーできる」ということなんです。
逆に言えば、「私大の問題を解く勉強で国立大の問題はカバーできない」のです。

ということは、です。
国立大志望であれば、併願で私大を受けつつ本命の国立大を全力で目指すことが可能になります。
しかし、その逆はできません。
私大の対策ばかりをしていると国立大の問題には太刀打ちできなくなるからです。
つまり、国立大志望にして本質的な学力をつけた方が、大学の選択肢が圧倒的に広がるのです!実際、国立大学の勉強をしながら私大に受かった人たちは沢山います。

こう聞くと、国立大志望の方が私大専願より圧倒的にお得だと思いませんか?
しかし、国立大志望であることのメリットはこれだけじゃありません。

1-2. 私大よりもリカバリーが効く

受験生が国立大志望か私大専願か悩む最大の理由はおそらく「科目数」でしょう。
現に今回の相談も「数学が苦手」だから私大専願にしたいというものでした。ですが、実は受験科目数が多い方が少ないよりもメリットが大きいんです。

これは少し驚かれるかもしれません。
科目数は少ない方がその分1科目にかけられる時間が長くなり、合格する確率が上がる...そんな気がしませんか?
確かに特定の科目に注力する事で「点数」は上がるかもしれません。
しかし、よく考えてみてください。
受験は相対評価です。

受験は相対評価、つまり「他の受験生より良い点を取る」ことが合格する上で必要になって来ます。
「科目数を絞った方が点数が上がる!だから私大専願にする!」という人達が私大の受験会場ではたくさんいます。
みんな同じ科目数だけを集中的に勉強してきているんです。

ということは...もうお分かりですね。
そう、結局みんな同じように科目数を絞って勉強しているので、科目数を絞って点数が上がったからといって、結局相対的な順位はあまり変わらないのが事実なんです。

ただ、上記の事実に関しては国立大も私大もさほど変わりません。
では科目数が少ないと何が問題なのかというと、ある科目で失敗した時にそれを取り戻す手段が圧倒的に少なくなることなんです。
例えば受験当日、1日目の国語を受けている最中にお腹が痛くなったせいで大幅失点。
やばい、どうやって挽回しよう...?こんなことが起こったとします。ここで、科目数が少ないとどうなるでしょうか?

例えばこの失点を合格点-30点とします。
その場合、5教科で受けていれば単純計算で1科目あたり7~8点挽回すれば良い。
大体小問2~3題ぐらいです。
これならなんとか挽回できそう。

しかし、2科目しか受験してないとどうでしょう?
なんと、1科目で挽回すべき点数が30点。
満点が100点だとすれば、なんと3割増しです。
多くの場合、合格最低点は5?6割なので、60+30=90点取らないと合格できません......。

と、このような話は皆さんも何回も聞いたことがあるかもしれません。
では、ここである生徒の事例をご紹介します。
結果からいうと彼は浪人しました。
現役時は京都大学の経済学部を理系受験していました。
私立ではありませんがこの学部はかなり特殊で、二次試験で必要な科目は英数国のみ(ただし数学は数Ⅲまで必要です)。
ほぼ私立と同じでした。
そして彼がここを目指した理由も皆さんと同じ、「理科嫌だ!やりたくない!」でした(なんで理系に進んだんやって感じですが)。

しかし、これが悲劇の始まりでした。
彼は英語が大の苦手。
しかし、2次試験で受けられるたった3教科しかないので、苦手な分を取り戻すためには数学で平均+1問完答することが必要でした。
しかし、本番得意なはずの数学で思いっきり手こずり、稼ぐことに失敗...。
結局6点差で不合格。

しかも、英数国しか勉強していないので併願で出せる私立も後期で出せる国立大もほとんどありませんでした。
その結果、結局前期1本でやるしかなくなり、そこに落ちて浪人、というわけです。

そして彼は浪人して文転し、最終的に5科目7教科で東大受験を乗り切りました。
この時も英語は大の苦手でしたが、英語の失点をを数学と社会に分配できたので簡単に取り戻すことができました。
後で「なんで現役時理科受けなかったのだろう...」ととても後悔していました。

科目数が少なくなると、このような恐ろしいことが起こるのです。
だからこそ、科目数が多ければ多いほど、ある教科で失敗した時にリカバリーが効くのです。
だからこそ、受験科目数が多い方がメリットが大きいのです。

「でも、やっぱり苦手科目を受験で使うのは怖い...」という人もいるかもしれません。
ですが、ご安心ください。
国立大を目指す人はみんな苦手科目があります。
例えば相談者さんのように数学が苦手な人もいれば、英語が苦手な人もいる。
全部できるオールラウンダーなんてほんの一握りなんです。
しかも、受験は合計点の争い。
だから、別に苦手科目を受験に使ったってあんまり差がないんです。
問題は他の教科で苦手な分を取り戻せるだけの力があるかどうか。
相談者さんはおそらく国語と社会が得意かと思いますが、国語と社会で苦手な数学の点数分をしっかり回収できる力があれば、むしろ数学も使って受けた方が成績が安定し、合格率が上がるんです。

以上2つが、国立大志望で勉強する大きなメリットになります。
これで「私大専願より国立大志望の方が圧倒的にお得」ということがご理解いただけたかと思います。

さらにもう1つメリットを付け加えるとすれば「学費」です。
学費は国立大の方が圧倒的に安いんです。
どれぐらい違うかというと、文系だと卒業までで国立大と私大では学費で約140万円の差があると言われています。
国立大に進んだ方が経済的には負担は減る、といえるでしょう。

相談者さんも、私大専願にするか悩むみなさんも、国立大を目指して見てもよいのではないでしょうか?
みなさんの大学受験が成功することを祈っています。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、「国公立大二次試験対策」にこだわる塾です。

「対話型授業」で身に着けた知識を応用し、適切な解答を表現する訓練を行います。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
そして国公立大受験に必要な、確かな「思考力・表現力」を鍛えます。

大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。