東京大学の理科一類を志望ですが、最近理科二類も迷っています。改めて理科一類について詳しく知りたいです。

東京大学の理科一類を志望ですが、最近理科二類も迷っています。改めて理科一類について詳しく知りたいです。

東京大学の理科一類を志望しているのですが、理科二類のほうが合格最低点が低いことを知って理科二類を志望した方が良いのかな?と考え始め、迷っています。
そこで、理科一類の雰囲気や受けられる授業について知りたいです。また、理科一類からはどのような学部に進学するのかも教えてください。

みなさんこんにちは。
この記事では東京大学の理系志望の方々に向けて、どの科類に入るのが良いのか、各科類の雰囲気や授業についてや、進学先の学部など細かいところまでお話ししていこうと思っています。
東大の理科一類、理科二類、理科三類の違いがよくわかっていない人は必見です。

1.東大の「科類」ってなに?

みなさんは東大の「科類」が何なのかご存知ですか?
この記事を読んでいるということはある程度ご存知かと思いますが念のため説明しておくと、東大は入学時点では、多くの大学のように理学部や法学部などの学部には所属せず、全員が教養学部というところに入る事になります。
教養学部の中でも理科一類、二類、三類と文科一類、二類、三類というグループ分けがなされており、この各グループを科類と言います。
慶應義塾大学の「学門」制や、東工大の「学院」制に近いです。
このグループ分けのどこに属するかは願書提出時に記入したところになります。
次の項目では各科類の違いについて見ていきましょう。

2.理科一類、理科二類、理科三類はどう違うの?

続いて、各科類がどう違うのかについてお話しします。
理科一類は主に進学選択(→「3.進学選択について」参照)理学部や工学部への進学を考えている人向けの科類、理科二類は農学部や薬学部への進学を考えている人向けの科類、理科三類は医学部への進学を考えている人向けの学部となっています。
だからといって、例えば理科二類に入った場合理学部や工学部には進学できないのかというとそうではありません。
教養学部所属中の試験の成績がある程度良ければ、各科類の主な進学先以外の学部にも進学することができます。
ただ東大は全国から優秀な学生たちが集まる場なので、そこで優秀な成績を収めるのはそう簡単なことではないため、東大の願書提出時にある程度将来進みたい学部が決まっているのであれば、そこに進学するのに最適な学部を選ぶようにした方が無難です。
ちなみに、理科三類は毎年の合格最低点が理科一類、理科二類よりも圧倒的に高く、日本で最も入るのが難しいと言われたりもしますが、理科一類や理科二類に入ったのちに医学部へ進学するのことはそれよりもさらに難しいです。
ですから、科類選びは軽率に行ってはいけないのです。
相談者さんは「理科二類の方が合格最低点が低いことを知って」とおっしゃっていますが、理科二類の方が低いといっても高々10点くらいです。
むしろ、2011年度や2014年度のように理科二類の方が合格最低点が高かった年度もあります。
入学後に苦労して勉強して他科類の主な進学先となっている学部に進学するくらいだったら、行きたい学部に行きやすい科類を願書提出時に選択した方が良いと思います。

3.進学選択について

上で「進学選択」という言葉が何度か出てきましたが、この言葉はご存知でしょうか。
進学選択は以前は「進学振分け」(通称:進振り)と呼ばれていたもので、最近名称が変更されました(名称が変わっただけでシステムは特に変わっていません)。
これは何かと言うと、学生たちが2年生の夏に進学したい学部の希望を提出し、教養学部在籍中の成績を元に、各学部志望者の中で成績の良かった人から順に進学先が内定していくというシステムです。
もしかするとみなさんの中には「大学に入ったらもう受験期みたいに真面目に勉強しなくてもいいんだ」と考えている人もいるかもしれませんが、良い成績を取らないと希望の学部に進学できない可能性があるので勉強はしっかり継続していかなくてはなりません。
当然といえば当然ですね。
この進学選択で進学先が内定しなかった者は自動的に降年扱いとなり、1年後期からやり直す事になります。
また、進学選択においてはいわゆる「文転」や「理転」も可能です。
すなわち、理系だった人が文系学部に進学することや、文系だった人が理系学部に進学することも可能ということです。
いずれも枠はかなり限られていますが、選択肢として存在はするということを知っておきましょう。

4.各科類の雰囲気や授業について

ここではそれぞれの科類の雰囲気、授業についてお話しします。

まず理科一類ですが、例年1,000名以上の定員で募集しているだけあって割合は一番多いです。
中学・高校時代に科学系のオリンピックなどでメダルを獲得していたり、入試本番の理数系科目で9割以上の得点を叩き出していたりと、理数系にとてつもなく強い人が割といます。
入学後のクラスは、理科一類に入った人の中で同じ第二外国語(通称:二外)を選択した人が固まったクラスに割り振られます。
これだけ聞くと真面目すぎるイメージを持つかもしれませんが、活発な人も多い印象です。

次に理科二類、理科三類についてですが、この二つに科類の募集人数を足しても理科一類の募集人数の半分程度にしか及ばないため、割合的には少ないです。
そのため入学後のクラスは二つの科類を合同にし、同じ第二外国語を選択した人が固まったクラスに割り振られます。比較的落ち着いた人が多い印象です。

授業についてですが、必修の授業(必ず単位を取得しなければならない授業)が多少違うものの、理科一類と理科二類でそこまで大きくは変わりません。
一番変わるのは実験ぐらいで、理科一類は物理・化学系、理科二類は生命系の実験がメインとなります。
科類が別だからといって全ての授業が別という訳では決してなく、必修の授業以外はほとんどが科類合同で開講されます。

ここまで、東大理系の各科類の違いについて話してきましたがいかがでしたでしょうか。
皆様の科類決めの参考にしていただければ幸いです。

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、「国公立大二次試験対策」にこだわる塾です。

「対話型授業」で身に着けた知識を応用し、適切な解答を表現する訓練を行います。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
そして国公立大受験に必要な、確かな「思考力・表現力」を鍛えます。

『国公立大対策』の悩みに役立つ特典を今すぐ手に入れよう
  1. ポータブルスキルを鍛えて学習効果をアップする方法

    ポータブルスキルを鍛えて学習効果をアップする方法 ダウンロード

  2. 卒業生意識調査2021

    卒業生意識調査2021 ダウンロード

  3. AO入試(総合型選抜)基本のキ

    AO入試(総合型選抜)基本のキ ダウンロード

  4. 【動画】高1・高2から始める大学受験対策『受験対策スタートダッシュオンラインセミナー』

    【動画】高1・高2から始める大学受験対策『受験対策スタートダッシュオンラインセミナー』 視聴

  5. 英語の成績アップマニュアル

    英語の成績アップマニュアル ダウンロード

  6. 【動画】高1・高2から考える進路選択『後悔しない!ナットクの進路・コース選択』

    【動画】高1・高2から考える進路選択『後悔しない!ナットクの進路・コース選択』 視聴

  7. 【動画】高1・高2から始める大学受験対策『総合型選抜対策スタートダッシュ オンラインセミナー』

    【動画】高1・高2から始める大学受験対策『総合型選抜対策スタートダッシュ オンラインセミナー』 視聴

\ピックアップ/
お役立ちコンテンツをもっと見る
学習に役立つ情報を
LINE公式アカウントでお届け!

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む学習塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったLINE友だち登録はこちら

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

お役立つ情報はメールマガジンでも受け取れます!