受験対策セミナー
中学生セミナー
モチアカの冬期講習

ICU(国際基督教大学)ってどんな大学?英語学習などの特色や必要なレベルが知りたい。

ICU(国際基督教大学)ってどんな大学?英語学習などの特色や必要なレベルが知りたい。

英語が得意なので、英語が活かせる大学を探していて、ICU(国際基督教大学)を受験しようと思い始めました。
ICUには教養学部しかないと聞いたのですが、具体的にどのような勉強をするのでしょうか?
専攻などのシステムはありますか?また、大学に入ってからはどの程度の英語のレベルが求められるのでしょうか?

英語が活かせる大学を探していて国際基督教大学(以下ICU)を検討し始めたのこと。
確かに「英語を活かせる大学」という意味ではとてもいい環境だと思います。
そこで、ICUについてより知っていただけるように、キャンパスの雰囲気や学べること、学科について少し詳しくお伝えできればと思います。

1.国際基督教大学(ICU)について

ICUについてまずは簡単にご紹介します。
ICUの日本語での正式名称は「国際基督教大学」、英語では"International Christian University"です。
東京は三鷹にある私立大学で、若干駅から不便なのところにあるのが玉に瑕ですが、そのぶん広大なキャンパスを誇るのがICUの特徴です。

「バカ山」「アホ山」と言われるちょっと変わった名前の芝生の丘が本館の前にあり、昼休みなどはバカ山で太陽のもと昼寝をしている人、ランチを食べている人など様々です。
中には授業でバカ山に出て円になってディスカッションするクラスもあるようです。

一旦キャンパスにはいれば、緑に囲まれた、まるでアメリカの大学をそのまま日本に持って来たようなキャンパスが広がります。
また名前に「国際」が入っているだけに非常に国際色豊かで、多様性に富んだ大学でもあります。
アメリカや中国をはじめとするたくさんの国から来た多くの留学生が在籍しており、キャンパス内の寮に住んでいます。
また帰国子女も大変多く、教室で、食堂で、図書館で、寮で、そのほか至る所で英語が飛び交っています。
外国人教員比率も高く、ICUにいる限りはどこかで英語が話されているのを聞くことになるでしょう。

同じく「基督教(基督教と書いてキリスト教です)」の文字も入っていますが、こちらは多くのノンクリスチャンの学生にはあまり関係ありません。
そもそも在学生に占めるキリスト教徒の割合はそれほど多くはなく、礼拝に参加する必要なども一切ありません。
必修授業で「キリスト教概論」という科目があるくらいですが、これもキリスト教を信仰することを求めるような授業では全くありません。
一方でキリスト教関連の行事は多く、礼拝のほか、C-weekと呼ばれるキリスト教週間には授業が少し短くなり、昼休みにキリスト教関連のセミナーや行事が開かれたりします。
またクリスマスごろの燭火礼拝(キャンドルサービス)はとても厳かでかつ綺麗なものです。
他にもICU協会の中にはパイプオルガンがあり、希望者にはパイプオルガン講座なども開催しているようです。

2.ICUの教育~教養学部アーツ・サイエンス学科とは~

さて、ここまでICUの概観について簡単に紹介しましたが、次はICUの教育について少し詳しく紹介していきます。
まずICUはアメリカのリベラルアーツカレッジのように単科大学(college)です。学部・学科は「教養学部 アーツ・サイエンス学科」のみです。
したがって入試の時点では文系・理系で入試問題に違いがあるものの、入学してしまえば皆おなじ学部・学科です。

この制度のいいところは、文理を問わず、色々な学問分野を横断して、誰でも自分の学びたいことを幅広く学べる点です。
文転はもちろん、理転する人も少なからずいますし、文系の人が理転するための準備ができるような授業(数学や物理、化学、生物など)は高校の範囲まで遡って履修できます。
「学校では先生に言われて文系にしたけれどやはり自分は生物学に挑戦したい」、「とりあえず数学が得意だから理系にしたけれど本当は政治に興味がある」などといった人でも、転学部の必要もなく、かつ4年で卒業することができます。
これは大きなメリットではないでしょうか。

もちろん在学中にもメジャー(専攻)を決めるまでは興味のある分野の授業をいろいろとってみるということもできます。
また英語以外の言語にも興味がある場合はICUの世界の言語の授業も(ほかの多くの大学と異なり必修ではないのですが)履修できますし、近隣にある東京外国語大学との単位互換制度を利用してマイナー言語まで履修することが可能です。

ちなみにICU自体は「教養学部」であるため、特に理系の場合は分野にもよりますが専門性を追求するには向いていないかもしれません。
ただこれも近接する東京農工大学との単位互換制度などを利用すればカバーできますし、理系の学生数がそもそも少ない分、教員とより近くでコミュニケーションをとれるという点ではむしろメリットといえるかもしれません。
もちろん教授陣は文理を問わずトップクラスの先生方がそろっているので心配ないです。

卒業後の進路として、進学がおおいのもICUの特徴です。
理系は言わずもがな、文系でも大学院に進学する学生の割合は他の私立文系の大学と比べても高めです。
なお、上述の通りICUは専門性というよりは学生の教育を重視する部分が大きいので、進学先の大学院は意外にもICUの大学院よりも東大の大学院のほうが多いです。

ICUの授業についてみてみると、まず一年時に全員必修でEnglish for Liberal Arts(ELA)という授業を履修(ただし日本語が母語でない学生の場合JLPという日本語学習プログラムを履修)します。
詳細は後述しますが、一年次はこれがメインになってきます。

英語以外の授業はどうかというと、二年次の秋頃に専攻を決めるのですが、メジャー選択要件なるものがあり、1・2年次はこれを元に授業をとっていきつつ、ジェネ(General Educationの略、いわゆる一般教養)やファンデ(Foundation、基礎科目)をとっていきます。
ちなみにICUに於いて、全学共通の必修科目はELAとジェネのキリスト教概論、それから実技のPE Exercise Exercise、Health Scienceのみです。

メジャー選択後は、200番台以上の各エリアメジャーの科目(基礎科目が100番台、エリアメジャー科目は200~300番台で200番台の方が簡単;例えばIntroduction to International PoliticsはPOL102といった具合)に加え、一定数のエレクティブ(elective,選択科目)も履修しなければなりません。
これはダブルメジャー、メジャーマイナー、シングルメジャーによってそれぞれの比率は変わります。
その他、E開講(=英語開講)科目を指定単位数以上履修しなければならない他、四年時には卒業論文の執筆が求められます。
もちろん卒論が通らなかった場合は卒業できません。
剽窃などは論外です。

以上のような制限はあるものの、基本的には取りたい科目を単位取得制限の範囲内で取りたいように自分でアレンジして取ることができます。
そのぶんしっかりと計画的に履修をしていかないといけないのが難点でもあります。
ただ履修の相談もAcademic Plannning Centerという窓口や、ICU Brothers and Sistersという団体に所属する学生による履修相談、各学期の履修登録日に必ずアドバイザーと呼ばれる自分の担当の先生と面談し履修の許可をもらわないといけないという制度などがあるので、履修などの相談はしやすい環境にあります。

3.ICUで勉強できること~専攻(メジャー)~

ICUでは学部がない代わりに、二年次の終わりに専攻(メジャー)を決めます。
ICUでは現在31のメジャーから決めることが出来ます。

美術・文化財研究 音楽 文学
哲学・宗教学 経済学 経営学
歴史学 法学 公共政策
政治学 国際関係学 社会学
人類学 メディア・コミュニケーション・文化(MCC) 生物学
物理学 化学 数学
情報科学 言語教育 教育学
言語学 心理学 アメリカ研究
アジア研究 開発研究 環境研究
ジェンダー・セクシャリティ研究 グローバル研究 日本研究
平和研究

(一覧はICUのホームページから確認できます https://www.icu.ac.jp/academics/undergraduate/major/ )

メジャーの決め方にも3パターンあり、

  • ダブルメジャー
  • メジャー・マイナー
  • シングルメジャー

があります。

ダブルメジャーの場合は、二つの専攻を中心的に勉強します。
卒論を書く方と書かない方は便宜的に決めますが、二つの専攻のどちらにも時間をかけてしっかりと勉強することができます。
一方でいろいろなことを幅広く学ぶほどの余裕はないかもしれません。

メジャー・マイナーの場合は、一つの専攻科目と副専攻科目を選びます。
専攻科目ほどの単位数を要しないので、一つの専攻に注力しつつ、他の専攻もやってみたいという場合に良いかと思います。

シングルメジャーの場合は、一つの専攻科目だけを決めます。
一つの専攻にかける時間が増える他、他に興味のある科目をエレクティブとしてたくさん取ることができるので、幅広い学問を学際的に学びたいという人にも向いているかもしれません。

ちなみに基本的にメジャー要件を満たす限りにおいて、誰でもそのメジャーを選択することができます(東大のような進振りはありません)。
また、例えば物理学と経済学のダブルメジャーなんてこともできます。
自分の学びたいことに向けてうまく履修を設計しいける人にはとても素晴らしい制度でしょう。
もちろん、最初は自分だけではうまく設計できなくても、履修計画をサポートしてくれるシステムは充実していることもICUのいいところです。

4.ICUで英語力を磨く

ICUに入るとまず1年目はEnglish for Liberal Arts(ELA)という授業があります。
入学式前のTOEFL ITPのスコアによってStream 1 ~ Stream 4まで分けられ、それぞれの英語力にあったレベルの授業を受けることになり、1年次はこれが必修です。
Stream 1が一番上で、一番下がStream 4なのですが、Stream 1や2になると一年時の秋学期(ICUは3学期制なので春・秋・冬学期があります)で授業が終了し、冬学期にはResearch Writingという英語で論文を書くクラスを受講してELAは終了、しかも週あたりの授業数も少ないのですが、Stream 3や4になると週4で一日に2~3コマくらい、しかも全部同じセクション(20人くらいのクラス、セクションが同じ人のことをセクメ=sectionmateと呼ぶ)の友人たち受けるのでまるで高校の延長のような感覚になります。
Stream 3や4になると一年時は取得単位数のうちのほとんどがELAになり、二年次にResearch Writing を履修しなければなりません。
Stream 3がもっとも多く、Stream 1,2は帰国子女の中でも特に英語の得意な人たち、ないしはものすごく英語のできる純ジャパという印象で、実際あまり数も多くありません。
Stream 3といっても幅は広く、話すのが苦手な人から英語圏に留学していて英検1級やIELTS 7.0以上持ってる人まで様々です。
ちなみにこのELA、もちろん授業は全て英語で行われます。

先ほど申し上げた通り、ELAという授業が一年次にあるので、特にStream 3,4の学生はかなり英語漬けになります。
このELAに本気で向き合えば、少なくともある程度英語(Academic English)ができるようにはなります。
あくまでICUが求めているのは学術的な英語を使えるようになることですから、入学時の英語力が仮に低くても、ELAの予習復習をしっかりすれば一年後にはある程度英語はできるようにはなります。

ただしこのELAというのがなかなかに厄介で、特に英語に慣れていない普通の高校を卒業した人にとっては多い量でかつ内容も結構ハードな英文を読まなくてはならず、最初はついていくのがやっとという状態になる人も多いです。
一方で上述の通り、このELAを乗り越えるとそこそこ英語はできるようにはなります。

ちなみに先ほどから申し上げているAcademic Englishについてですが、これは日常会話的に使われる英会話やTextingではなく、あくまで論文を読み書きしたり、プレゼンをしたりといった能力のことです。
ELAの授業を通して、多くの学術的な英語を読み、それに関連した題材でessayを書いたり、プレゼンをしたりします。
あくまでAcademic Englishの授業ですから、やはりどうやって英文を読むか、書くかにやはり重点が置かれており、どのような論理構造で英文が書かれているのか、書けば良いのか。
またその背景にはどのような知識が必要かまで言及します。
また授業の数は少ないものの、SpeakingやListening, Pronounciationなどの授業や、Academic Debateのクラスもあります。

特に英語に慣れていない一年生にとってみればかなり大変な授業がELAですが、これに真剣に向き合い、乗り越えることが、その後英語を使って授業を受けたりする上で自信になるでしょう。

5.おわりに

ICUは少し変わった大学ではありますが、特に「英語を活かせる大学」という意味ではとてもいい環境だと思います。
また他の大学の似たような学部との大きな違いの一つは「全部の授業を英語で取る必要はない」ということです。
AIUや早稲田の国際教養学部との最大の違いはここにあります。
もちろん英語で学んだ方がやりやすい学問もあるでしょうが(分野によっては文献が英語だらけという場合もしばしばです)、特に初学者にとっては知らないことを母語でない言語で一から学ぶというのはなかなか大変な作業です。
ICUなら英語開講の授業をとりつつ、日本語で学ぶこともできます(例えば国際関係学などは英語の方が向いていますが、何も日本文学を日本人から学ぶのに英語を使う必要もないということです)。
卒論も日本語、英語、どちらで書いても大丈夫です。
ICUは帰国子女や留学生も多いので"Bilingualism"を謳っており、英語だけ、日本語だけで卒業できないようにしています。
もちろん徹底して英語を学び、英語で学ぶ環境は整っているので、英語を生かしたいという人にも最適な大学の一つです。

また学際的(interdesciplinary)に学べる大学という点で慶應のSFCと比べられることがありますが、ICUの場合は教養学部なので専門性はそこまで追及できない分、英語をしっかり学べることと、幅広くいろいろな学問にふれることができるのが特徴で、SFCは学際的な学問(例えばICUのメジャーで言うとGlobal Studiesなどはそのひとつです)を最初から深く取り組めるようです。

ぜひ一度オープンキャンパスなどで雰囲気を感じ取ってみると良いでしょう!

公開: 更新:
このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションアカデミアは、早慶をはじめとする「難関私大対策」にこだわる塾です。

「対話型授業」で無暗な丸暗記を避けることで、「本質的な知識」を的確に押さえ、解答を導く思考力を養います。
また人材開発の専門家であるモチベーションアカデミアの講師から指導を受けることで、‎自らを律し・計画的に目標を達成する力・モチベーション高く挑み続ける心が育まれます。
そのため難関私大の「AO入試」にも挑戦が可能です。

『難関私大対策』の悩みに役立つ特典を今すぐ手に入れよう
  1. AO入試(総合型選抜)基本のキ

    AO入試(総合型選抜)基本のキ ダウンロード

  2. 【動画】高1・高2から考える進路選択『後悔しない!ナットクの進路・コース選択』

    【動画】高1・高2から考える進路選択『後悔しない!ナットクの進路・コース選択』 視聴

  3. モチアカJOURNALバックナンバー

    モチアカJOURNALバックナンバー ダウンロード

  4. 【動画】高1・高2から始めるAO入試『AO入試対策スタートダッシュ』

    【動画】高1・高2から始めるAO入試『AO入試対策スタートダッシュ』 視聴

\ピックアップ/
お役立ちコンテンツをもっと見る
大学受験に役立つ情報を
無料メールマガジンで配信しています

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったメールマガジンのご登録はこちらから

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、m-academia.co.jpドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

モチアカのメールマガジンについて詳しく見る
学習に役立つ情報を
LINE公式アカウントでもお届け!

勉強のやる気を持続させるには?

合格を左右する「確かな学力」を育むには?

50万人以上のビジネスパーソンの支援実績から得た知見で、受験に必要な「本当の力」を育む進学塾モチベーションアカデミアのノウハウが詰まったLINE友だち登録はこちら

【登録特典】「計画力」の高め方、やる気タイプ診断表、動画「家庭での学習習慣づくり3つのカギ」など
モチアカのLINE友だち登録はこちら